きれいな洗面台を目指そう!ブラシやドライヤー、洗面用具の収納方法

忙しい朝などはつい時間に追われて、使い終わったドライヤーやブラシなどを出したままで外出してしまうことはありませんか? すぐに使うものだから、と出しっぱなしにしておくと、洗面台は常に散らかった状態になってしまいます。特に家族と暮らしていると、それぞれの私物がどんどん増えて洗面台が物であふれてしまうものです。水回りを清潔に保つためにも、物の整理整頓は大切。そこで今回は、洗面台をきれいにしておくためのブラシやドライヤー、洗面用具の収納方法についてご紹介します。

洗面台の収納を解決!おすすめアイデア4選

洗面台は、家の中でも物が増えやすい場所の代表格です。洗顔フォームやヘアスタイリング剤、ドライヤーから掃除用具まで、1カ所にさまざまな種類の物が集まっています。
そこで、どこに何があるのかが一目瞭然でわかる収納アイデアを考えてみましょう。

1.カゴを使って種類別に収納

カゴを使って種類別に収納

棚の中に物を多く入れ、奥にある物を取り出すために手前にある物を移動するということを繰り返していると、棚の中がぐちゃぐちゃになり把握できない状態になります。
そこで活用したいのが、100円ショップなどで売られているカゴです。お手軽価格で購入できるため、いくつか手に入れましょう。

まずは収納物を分別し、「ヘア用品のカゴ」「洗面用品のカゴ」「掃除用具のカゴ」というように、種類ごとに物をカゴに収めます。また、家族それぞれが自分専用のアイテムを使っている場合は、物の種類ではなく個人別にカゴを用意すると良いでしょう。物を使い終わったら必ず元の位置にカゴを戻す習慣をつければ、洗面台は常に整理整頓できた状態をキープできます。

2.突っ張り棒&S字フック&カゴで壁に収納スペースを作る

意外にスペースをとるのがタオル類です。きちんと畳んだ清潔なタオルをすぐに取り出して使いたいけれど、収納棚など置き場所に余裕がない場合は、突っ張り棒とS字フック、カゴを使って、タオル専用の収納スペースを作りましょう。

設置方法はとても簡単。壁に取りつけた突っ張り棒にS字フックでカゴを引っ掛けるだけで完成!もちろん、このカゴにタオル以外の物を入れても良いでしょう。入れる物の大きさに合わせてカゴを選ぶことができ、突っ張り棒とカゴをしっかり取りつけていれば、多少大きな物も入れられます。

洗面台近くのレイアウトにもよりますが、もし突っ張り棒を取りつけられるようなら、ぜひ空間を有効活用しましょう。

3.ワイヤーネットで壁に収納スペースを作る

同じく、100円ショップで購入できるワイヤーネットも便利です。壁や棚に取りつけ、S字フックやクリップ、ワイヤーバスケットを使えば、物をぶら下げたり入れたりする収納スペースになります。壁が広ければ、収納スペースも広がります。アクセサリーや造花、ミニ観葉植物などをワイヤーネットにアクセントとして飾ると、おしゃれなインテリアにも♪

ワイヤーネットは、壁に取りつけるだけでなく棚の扉の裏側にもつけられます。普段は目につかない箇所なので、生活感を出すことなく収納できるのが利点です。

4.キャスターつきワゴンで移動できる収納コーナーを

収納した物を違う場所にも移動させたいときは、キャスターつきワゴンを利用しましょう。スキンケア用品やヘアブラシ、スタイリング剤、ドライヤーなど、身支度に必要なアイテム一式を1カ所にまとめられる上、違う部屋で使いたいときはキャスターつきワゴンごと移動できるので便利です。ワゴンの中には、180度回転するトレイやボトル類を収納するポケットがついた高機能な物もあります。

意外に悩む!?ドライヤーの収納方法

ドライヤーは洗面台アイテムの中では比較的大きく、コード部分が収納しにくいため、しまいづらいと感じている方が多いでしょう。特に、コードは絡まるとやっかいです。そのような悩みを解消してくれるのが、コード専用のクリップ。やはり100円ショップで手に入る身近なグッズで、使えばコードもすっきり収納できます。

また、ドライヤー&ヘアアイロンスタンドという専用スタンドを使えば、しまいやすく洗面台スペースの見た目もきれいになります。専用スタンドドライヤーは、立てて置くタイプから壁に引っ掛けるタイプまで数種類あります。

他にも、前述のカゴやキャスターつきワゴンで収納すれば、日常使うときは出し入れしやすく、洗面台も整理整頓できるのでおすすめです。

これは出しておく?洗面用具の収納いろは

見えない場所に収納しておけば見た目は美しいのですが、大切なのは、道具をスムーズに取り出せてスムーズにしまえるかという「使い勝手の良さ」です。特に、清潔にしておきたい洗面用品は、収納場所にも気を使うでしょう。

ここでは洗面用品に絞って、その収納方法をご紹介します。

1.出しておくものとしまうものを決める

歯ブラシや石けんなど濡れているものは、湿気やカビの発生を防ぐために、換気の良い箇所に収めておきましょう。また、歯磨きや洗顔時に使用するタオル、ティッシュなども、すぐに使えるように手の届きやすい箇所に収納します。

なるべくスッキリ見せたい場合は、カラーボックスを使うアレンジ技のきいた収納方法を。2つ並べたカラーボックスの上に板を乗せて上部にも置くスペースを作れば、キャビネットのようになります。洗面台スペースに合わせてカラーボックスのサイズを選べば、場所を取り過ぎることもありません。

また、見た目にこだわりたい場合は、収納ケースをカラーボックスの棚部分に入れて引き出しのように使ったり、カフェカーテンなどのファブリック類で棚内部を目隠ししたりすれば気になりません。各棚は物の種類別、もしくは使う人別に分けると良いでしょう。

2.遊び心をプラスして!おしゃれに楽しむ収納方法

おしゃれに楽しむ収納方法

洗面台は、ともすれば生活感が強く出てしまうスペースですが、工夫と遊び心次第で洗練された空間に生まれ変わります。

例えば、コットンや綿棒。きれいなフォルムのガラス容器に入れれば、まるでおしゃれな雑貨店のように!

また、コップや歯ブラシ立てはデザインを統一させたり、ハンドソープは市販品をそのまま置くのではなくデザイン性の高い専用ボトルに詰め替えたりなど、見た目に少しこだわってみると、コーナー全体が美しくなります。小さな観葉植物をさりげなく飾ると、癒やし空間も演出できてステキです。

インテリアをそろえる際のポイントは、

・色を多彩に使わない

・異なるテイストのデザインを併せて用いない

・アイテムの質感をなるべくそろえる

以上の3つです。100円ショップのアイテムを使う際は、なるべくシンプルなデザインのものをチョイスし、コーナー全体のトーンをそろえましょう。

洗面台がおしゃれで清潔な状態だと、家族もなるべくきれいに使おうという意識が高まるかもしれません。

おわりに

洗面台は基本的に毎日頻繁に使う箇所なので汚れやすく、小まめな掃除が必要です。だからこそ、日々の掃除が楽にできるように物を整理整頓して、限られたスペースを有効的に使いたいですよね。また、常にきれいにしておけば、急な来客時にも慌てることがありませんよ。置く物はなるべく最小限にしつつ、便利な収納グッズを上手に活用して、使いやすい洗面台にしましょう。

おそうじ応援隊!では、他にも日々の家事のヒントになるコラムを数多くご紹介しています。他のコラムも、ぜひご参照ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!