掃除頻度はどのくらい?金魚の水槽掃除方法と掃除の頻度

これから金魚を飼おうと思っている方、飼い始めたばかりという方の中には、どのくらいの頻度で水槽の掃除をすれば良いのかよく分からずに困っている、という方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、金魚の水槽掃除の方法や掃除の頻度についてご紹介します。水槽をきれいに保ち、金魚の健康を守りましょう。

金魚の水槽掃除をする際の注意点

水道水をそのまま使用しない

水道水をそのまま使用しない

水道水には、消毒のためのカルキ(塩素)が含まれています。金魚はこのカルキに対する抵抗力が弱いため、水道水をそのまま使用してしまうとすぐに体が弱ってしまいます。そのため、水槽に水道水を入れる際にはカルキを抜いてから入れるようにしましょう。

水道水からカルキを抜く方法は、主に2パターンあります。

1つは、市販のカルキ抜き剤を使用すること。商品の説明書き通りに使用すれば、すぐにカルキを抜くことができます。液体のものと固形のものがありますが、どちらもそのまま水道水に入れるだけと簡単です。

もう1つは、日に当たる場所に水道水を半日~丸1日置いておく方法です。バケツに水道水を貯めてそのまま置いておきましょう。

水槽の水を全て換えない

金魚を育成する上で重要なのが、バクテリアの存在です。バクテリアは水槽の砂利やろ過器のろ材に定着して繁殖し、金魚のフンやエサの食べ残しを分解して水をきれいにしてくれます。

このバクテリアはもちろん水の中にも生息しているため、水槽の水を全て換えてしまうと、せっかく繁殖したバクテリアがいなくなる恐れがあります。そのため、水槽の水は1/3程だけ抜き取るようにしましょう。

金魚の水槽掃除方法

水槽の掃除方法

「掃除は1日で全て片付けてしまいたい」と考えると思いますが、金魚の水槽掃除は「器具の掃除」「砂利の掃除」「水換え(コケ掃除)」の3つを別の日に行うことが大切です。日にちを変えることでバクテリアの減少を抑え、金魚に大きなストレスを与えずに済むためです。

それでは、それぞれの掃除の手順を確認しましょう。

※水槽の器具を取り外す際は、必ず電源を切ってください。

[器具の掃除手順]

1.器具を取り外す

2.水洗いする

水槽の中に入れるタイプの器具やろ過器は、バクテリアの死滅を避けるために水槽の水を使って洗ってください。

3.器具を設置し直す

[砂利の掃除手順]

砂利掃除用の道具を使う方法もありますが、今回はそのような道具を使用しない砂利掃除の手順をご紹介します。

1.別の容器を用意し、器具と水槽の水、金魚を移し替える

水槽の水を全て移す必要はありません。

2.水槽に残った水で砂利を洗う

お米を研ぐように砂利をかき回します。汚れや臭いが出てきますが、出てきた水は捨てずにそのままにしておきましょう。

3.移し替えておいた器具や水、金魚を元に戻す

[水換え・コケ掃除の手順]

掃除を始める前に、カルキ抜きをした新しい水を用意

新しい水の準備ができたらもう1つ空のバケツを用意し、そこに水槽の水と金魚を入れておきます。

2.水槽の水を1/3程抜いてから器具を取り外す

3.器具を全て取り外したら、スポンジを使用して水槽についたコケや汚れを落とす

コケは金魚のエサにもなるため、目立つところのコケだけを落とすようにしてください。

4.掃除が全て済んだら、カルキ抜きをした水を水槽内の水と同じ温度にしてから入れる

5.器具、金魚を水槽に戻す

この際、金魚が入っていたバケツの水はあまり入れないようにしてください。

水槽の掃除頻度はどのくらい?

水槽の掃除頻度は、飼っている金魚の数や水槽の大きさ、器具のタイプや有無によって異なりますが、最低でも1カ月に1回は行うことをおすすめします。しかしこれはあくまでも目安のため、水槽や金魚の状態をよく観察して掃除をしてください。

おわりに

金魚が元気でいられる環境を作るためには、水槽の掃除は必要不可欠です。水槽掃除を月に1回行うようにすることで水槽をきれいに保つことができるため、適切に掃除をして金魚を大切に育てましょう。

おそうじ応援隊!では、水槽掃除以外の掃除コラムも多数ご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!