米ぬかやお米のとぎ汁で家の廊下を美しく♪廊下の掃除方法

廊下は毎日何度も通る場所のため、気付かないうちに汚れています。しかし、キッチンやリビングのように頻繁には掃除をしない方もいるのではないでしょうか。

今回は、廊下のフローリングに使用される木材別の掃除方法や、身近にあるものを使って廊下をピカピカにできる掃除方法をご紹介します。

無垢材フローリング

無垢材フローリング

無垢材とは、そのまま使用する形に木を切り出し、製造・加工を行った木材のことで、集成材や合板ではないものを指します。高価ながらも、木が持つ本来の暖かみや強さを感じられることが無垢材の特徴です。

無垢材フローリング廊下の掃除方法

無垢材の掃除は、掃除機がけと雑巾を使った乾拭きが基本です。

汚れが気になる場合は、水に濡らし、固く絞った雑巾で拭き掃除をしてください。その後、必ず乾拭きをしましょう。

ウレタン塗装済みの無垢材で頑固な汚れがある場合は、中性洗剤を薄めた水溶液を雑巾に付け、固く絞って拭き取りましょう。この場合も最後に必ず乾拭きをしてください。

自然塗装(オイル塗装)済みの無垢材の場合は、オイルの種類に合わせたワックスクリーナーを使用して汚れを落とします。もちろん、仕上げの乾拭きは必須です。

複合フローリング

複合フローリング

複合フローリングとは、合板や集成材などの上に木目をプリントした特殊シートを貼ったフローリングを指します。

複合フローリング廊下の掃除方法

1.掃除機でゴミやホコリを取り除く

掃除機で吸い取れないゴミやホコリは、雑巾、モップを使用して取り除いてください。

2.ゴミやホコリが取れたら、固く絞った雑巾で水拭き

3.ワックスがけ

ワックスがけは、2~3カ月に1度のペースで行うことをおすすめします。ワックスがフローリングの表面に膜を作り、汚れや傷を付きにくくしてくれます。

4.ワックスがけをした後は、よりツヤを出すために雑巾で乾拭き

エコな廊下掃除方法

できるだけ、ワックスや化学製品を使用せずに廊下掃除をしたいと考えている方もいると思います。そこで以下では、身近にあるものを活用した廊下掃除の方法をご紹介します。

米ぬか

米ぬかとは、玄米を精白するときに取り除かれた表皮と麦芽を粉末にしたものです。

米ぬかを掃除に使う場合は、厚い布の袋に米ぬかを入れて口を閉じ、拭き掃除をする感覚で廊下を磨きましょう。米ぬかには脂肪分が含まれているため、フローリングのツヤ出しや保護の役割を果たします。米ぬかを活用するこの掃除方法は、無塗装や自然塗装の無垢フローリング、複合フローリングのどちらにも活用できます。

米のとぎ汁

米のとぎ汁は、お米に付いていたぬかが溶けだした水溶液です。米のとぎ汁は油汚れを落としてツヤを出す性質があるため、廊下掃除にぴったりです。

米のとぎ汁を掃除に使う場合は、白く濁った濃いとぎ汁を雑巾に付けて固く絞り、フローリングの木目に沿って拭き掃除をしてください。雑巾が汚れたら、とぎ汁ではなく別のバケツにためた水できれいに洗い、再びとぎ汁を付けて掃除をしましょう。

この掃除方法は、無垢材フローリングには有効ですが、複合フローリングには米ぬかの油分が浸透しないため、ツヤ出し効果はあまり期待できません。

リンレイ オール 1L

リンレイ オール 1L

美しいツヤを長期間たもつ業務用ワックスです

おわりに

廊下のフローリングをお手入れせずに放置していると、木材の傷みや目立ちツヤがなくなっていってしまいます。そのため定期的に掃除をすることが好ましいのですが、フローリングが無垢材なのか複合材なのかによって掃除方法が異なるため、まずはご家庭の廊下に使用されている床材を確認しましょう。

おそうじ応援隊!では、廊下の掃除方法以外にもさまざまな掃除コラムを掲載しています。ぜひ、他のコラムもご覧ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!