プラスチックを掃除しよう!プラスチックの黄ばみの原因&落とし方

自宅にあるプラスチック製品がいつの間にか黄ばんでいた、という経験はありませんか?

プラスチックについた黄ばみがなかなか落とせず、困ってしまったことがある方も多いと思います。きれいなプラスチックに戻すためには、どのように掃除をしたら良いのでしょうか。

今回は、プラスチックが黄ばんでしまう原因や落とし方についてご紹介します。

正しい対処法を身につけることで、汚れてしまったプラスチックをきれいな状態に戻すことができますよ。

プラスチックに黄ばみが生じる原因

プラスチックが黄ばんでしまう原因には、「プラスチック材の劣化」「日焼け」があります。

プラスチック材が劣化してしまった場合は、残念ですが元通りにすることは難しいでしょう。この場合、劣化したのはプラスチックに含まれるABS樹脂の1つ「ブタジエン」。つまり成分自体の劣化であり、掃除をしたとしても、元通りにきれいにできる可能性は低いのです。

掃除で対処できるのは、後者の日焼けが原因である場合です。日焼けの場合、ABS樹脂の添加物が化学変化を起こすことで黄ばみが生じてしまいます。さらに酸化防止剤もしくは難燃剤によって起因するものの2つに分けることも可能です。暗い所に置いてあったにも関わらず黄ばんでいた場合も、これにあたります。

黄ばみをきれいに落とすために必要なもの

黄ばみをきれいに落とす方法

日焼けによるプラスチックの黄ばみをきれいに落とすには、酸素系漂白剤の使用がおすすめです。酸素系漂白剤に含まれている過酸化水素水が、プラスチックの黄ばみを落としてくれます。

また、酸素系漂白剤と共に必要なものが「紫外線」です。そのため、プラスチック製品の掃除の際は、天気の良い日の朝や昼間がおすすめです。

プラスチックについた黄ばみの落とし方

黄ばみの落とし方

プラスチックについた黄ばみの落とし方はさまざまですが、今回は「酸素系漂白剤に浸け置きする方法」と「ラップを使用した方法」の2つをご紹介します。

【浸け置きする方法】

[用意するもの]

・酸素系漂白剤

・水

・容器

・ゴム手袋

[手順]

1.漂白剤が手につくのを防ぐために、ゴム手袋を装着

2.ゴム手袋を装着したら、容器に水と漂白剤を注ぐ

漂白剤の量は決まっていないため、最初はキャップ1杯程度から始めてみてください。また、容器はまんべんなく紫外線が通るように、透明な素材のものの使用をおすすめします。

3.容器の中にプラスチック製品を入れる

できる限り液が全体に行き渡るようにすると効果的です。電化製品に使われているプラスチックを掃除する場合は、電池やゴムなどが付いていると破損の恐れがあるため、事前に外しておきましょう。

4.プラスチックを液に浸したら、そのまま日光がよく当たる場所に放置

漬けておく期間は、数時間から1週間、1カ月など、汚れ具合や紫外線の量によって変わります。

5.黄ばみが落ちたら、プラスチックを液から取り出し、水洗いをして完了

【ラップを使用した方法】

この方法は、黄ばみを落としたいプラスチックが漬け込み用の容器に入らない大きなものの場合におすすめです。

[用意するもの]

・ラップ

・酸素系漂白剤

・ゴム手袋

[手順]

1.漂白剤が手につくのを防ぐために、ゴム手袋を装着

2.黄ばみが目立つ部分に酸素系漂白剤を塗り、ラップで包む

ラップにシワができないよう注意しましょう。シワができると、塗った漂白剤がムラになってしまう可能性があります。

3.ラップで包んだら、そのまま日光がよく当たる場所に放置

4.黄ばみが落ちたら水洗いをして完了

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

シャボン玉石けん 酸素系漂白剤

洗濯物や台所用品の除菌・漂白・除臭に最適な漂白剤

おわりに

今回ご紹介した方法を実践することで、黄ばんでしまったプラスチックもある程度きれいな状態に戻すことができます。また、必要な道具はすぐ入手できるようなものばかりですし、手順も簡単なためどなたでも実践できる方法です。ぜひ1度試してみてはいかがでしょうか。

おそうじ応援隊!では、プラスチックの掃除方法以外にも、掃除に関するさまざまなコラムを扱っています。ぜひ、他のコラムもご覧になってみてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!