屋根や雨樋(雨どい)は自分で掃除できる?掃除方法や掃除道具

自宅の屋根や雨樋(雨どい)などの掃除は、自分で掃除をしたくても「やり方が分からない」と感じる方は多いと思います。

また、屋根や雨樋などの高さがある部分を掃除する際、一般的にはしごなどを使用しますが、高い所での作業に慣れていない場合はケガなどが怖くて思うように進まないこともあるでしょう。

そこで今回は、屋根や雨樋の掃除を自分で行う場合の掃除方法や、掃除道具についてご紹介します。

屋根や雨樋を劣化させないために掃除をしよう

雨樋を劣化させないために

屋根や雨樋は、天候などの自然の変化から自宅を守る役割を果たすため、風雨などの影響を受けやすく、劣化も思いの外早く進みます。中でも雨樋は、その構造上ゴミが溜まりやすい箇所です。例えば、近くに樹木がある家庭では必ずといって良いほど落ち葉が溜まってしまいます。

その他にも、鳥が巣を作っていたり虫の死骸があったりと、掃除せずに放っておく汚れが溜まって雨樋がうまく機能しなくなります。雨樋に溜まったものをずっと放置しているとやがて雨水が漏れはじめ、最悪の場合は雨樋が壊れて修理や交換をしなければならない状態になってしまうことも。

このようなことを未然に防止するためには、定期的に掃除を行うことが必要です。

雨樋の場合、ゴミが詰まりやすいのは、「集水器」「軒樋(のきどい)」「竪樋(たてどい)」であるため、それぞれの箇所の掃除方法を知っておきましょう。

【集水器の掃除方法】

集水器の掃除

はしごを集水器付近に掛けてから、ゴミを取り出す作業に取り掛かります。手前のゴミだけを取り除いて作業を終えてしまう方もいますが、必ず手が届く範囲でゴミや水の流れを妨げる障害物がないかを確認してください。その際、今後詰まりの原因になりそうな突起物が見つかれば、取り除くかヤスリなどを使用して削っておきましょう。

最後に、確認作業としてバケツに水を入れ、集水器に流します。スムーズに流れていれば掃除完了です。

【軒樋の掃除方法】

屋根から直接雨水を受ける軒樋を掃除する際は、内側を見渡して落ち葉などのゴミや砂、ホコリなどを取り除きます。また、軒樋の結合部分に大量のゴミが詰まっていれば、突起物など障害になるものがないかをチェックしてください。はしごを使用する際は軒樋が相当劣化していない限り、直接立て掛けても問題ありません。

【竪樋の掃除方法】

竪樋とは、屋根から流れて集められた雨水を、地面まで流す縦状の部分です。

まず、竪樋下部の継ぎ目を外して中が見えるようにします。次に、竪樋より1m以上長い、比較的硬めの針金をカットして準備してください。そして、竪樋にちょうど入る大きさにまとめた、ボール状の布を針金の先にしっかりとくくりつけます。

そしてはしごを使用して竪樋の上まで上り、布を取り付けた針金を竪樋の上部から中に差し込んでください。そして上下左右に動かして貫通させ、竪樋の出口から詰まったゴミを出しましょう。この作業を2回程度繰り返せば、ほとんどのゴミを取り除くことができます。

掃除をせずにずっとそのままの状態で放っておくと、溜まった落ち葉や砂、ホコリなどが雨水を含んで塊となり、やがては腐食して雨樋の劣化を進めることにもなります。年に1回程度は雨樋点検をするようにしましょう。

おわりに

屋根や雨樋を掃除する場合、高所ではしごを使用しながらの作業になるケースがほとんどです。常に落下や転落の危険と隣り合わせといえるため、自分で清掃するには大変と思ったり、危険を感じたりした場合は決して無理をせず、専門業者に依頼することをおすすめします。特に屋根に関しては、自力で登って掃除することは避けましょう。

おそうじ応援隊!では、屋根周りの掃除方法以外にも数多くの掃除コラムを扱っています。ぜひ、他のコラムもチェックしてみてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!