洗濯室のタオルや洗剤をお片付け!ランドリー収納のアイデア

洗濯機の周りは何かとスペースが狭く、洗剤やタオル、掃除用品など必要なものの置き場に困る場所です。皆さんは限られたスペースを上手に活用できているでしょうか?

ここでは、洗濯室をすっきりと整理し、快適に利用できるようにするポイントをご紹介します。

デッドスペースを利用する

日本の住宅では、洗濯機周りのスペースは狭いことが一般的です。しかし、洗濯洗剤や詰め替え用品、掃除用品やタオルなど、洗濯室に置いておきたいものは多いはず。まずは、ものを収納できるスペースを確保しましょう。

初めに注目すべきデッドスペースは、洗濯機の上部です。つっぱり棚や洗濯機をまたぐタイプのラックは設置が簡単で、壁などを傷付けることもないためおすすめ。また、洗濯機自体に吸盤状のタオル掛けを設置すれば、タオルやスプレーボトルが掛けられ、さらにS字フックを利用して掃除用ブラシなども掛けられます。

次に気になるデッドスペースは、洗面台と洗濯機の隙間です。洗面台が洗濯機のすぐ隣にある場合、洗面台との隙間に中途半端なスペースが空くことがあります。このスペースにキャスター付の細長いワゴンやラックを設置すれば、洗濯用品も洗面用具も1つのスペースにまとめることができ効率的です。

その他、洗面台の下にも収納スペースがあります。洗剤を並べて置いている場合、高さの半分ほどしか利用できていないのではないでしょうか。小さなラックや重ねて置けるコンテナを利用して、収納スペースを広く確保しましょう。

隠す収納で生活感をなくす

7290-00100-2

洗濯用洗剤や掃除用洗剤をそのまま出しておくと、どうしても見た目に生活感が出てしまいます。すっきり見える収納方法は大きく分けて2つです。

雑貨自体をまとめる・隠す

ランドリー収納で見た目を整然とさせるためには、雑貨類をまとめる方法が簡単に行えておすすめです。

まず、つっぱり棚やラックを設置し、カゴや収納ボックスを置いてまとめてください。用途ごとに収納するか、使用頻度別にまとめると動線もすっきりとし、手に取るときも探す手間が省けます。カゴやボックスは同色でまとめると見栄えが良くなり、さらにラベリングすれば一目で中身が分かるためおすすめです。

また、カーテンを取り付けて、棚を隠してしまう方法も良いでしょう。玄関から洗濯スペースが見えるような間取りの場合、急な来客があってもカーテンを引くだけで多少散らかっていてもすぐに隠すことができます。

おしゃれな容器で見せる収納

隠すとは反対に、あえて洗濯室をスタイリッシュに見せる方法もあります。

簡単なものでいえば、洗剤や柔軟剤、掃除用具などを自分の好みのボトルやキャニスターに詰め替える方法がおすすめです。こちらも忘れずにラベリングをするか、タグなどを利用しましょう。

容器を統一すれば、たくさん並んでいてもおしゃれな印象に変わります。

タオルの収納

7290-00100-3

洗濯室で大きく幅を取るタオルを上手に収納して、見栄え良くするために重要なポイントは、タオルのたたみ方です。

次々と平積みしていくとバランスが悪くなり、何かの拍子に崩れ落ちる可能性があります。

そこでおすすめの方法が、ブックエンドを利用して横に並べる方法です。並べるときは、タオルの端ではなく折った部分を手前に向けると取り出しやすくなり、見た目も整います。

また、バスタオルなど大きなサイズのタオルは、たたんだ後に丸めるとバランス良く収納できます。バスケットなど高さのある収納を使えば、縦に収納することも可能です。

平安伸銅工業 タオル掛け付きランドリーラック ホワイト TLR-1

平安伸銅工業 タオル掛け付きランドリーラック ホワイト TLR-1

伸縮式なので、いろんなサイズの洗濯機に合わせられます

おわりに

洗濯洗剤、柔軟剤、掃除用品からタオルまで、何かとものが多い洗濯室。今まで使っていなかったデッドスペースを利用して、まずは収納スペースを作りましょう。そして、ボックスやカーテンなどで雑貨を隠したり、あえておしゃれに見せる収納をしたりと、自分なりのランドリー収納を楽しんでください。

おそうじ応援隊!では、日々の生活に役立つ収納・片付けのコラムを発信中です。ぜひご覧ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!