デスク周りをすっきりキレイに!デスク周りの収納アイデア・片付け術

自宅や職場のデスク周りは整頓されていますか?出しっぱなし、溜まりっぱなしで散らかっていないでしょうか。

「ものが見つからない」「分かっているけど毎日こまめに片付ける時間がない」というストレスを溜めている人も多いはずです。

そこで今回は、デスクをすっきりと使いやすくするためのポイントをご紹介します。

「整理」=「ものを減らす」

デスク周りを片付けてみると、不要な書類やインクが切れたペンなど「なぜこんなところにこんなものが……」という状況に出くわす方も少なくないはずです。デスク周りが散らかる原因は、単純に「ものを捨てない」ことにあります。

そこで、例えば毎週金曜日には不要なものを捨てるなど、ものを捨てる日をあらかじめ仕事のスケジュールに組み込むことで、整理の習慣化を目指しましょう。また、「捨てる箱」を作ってどんどん投げ込み、あとで分別することも1つの手段です。

引き出しの中は小分けに収納

小分けに収納

デスク上の見える部分はキレイでも、実は引き出しの中は雑然としていませんか?

ペン類やふせん、クリップなどの細かい文房具、携帯電話の充電器など、まとまりの悪い小さなものは仕切りがついたトレーや小さなボックスを利用して整頓しましょう。

「ここには小さいクリップだけ」「ハサミだけ」など、なるべく収納するもののサイズに合わせることで、余計なものが入れずに適当な量をキープできます。使いたいものを探す手間を省くためにも、アイテムそれぞれの定位置を決めましょう。

現在使っているケースやトレーの仕切りが広い、もしくは使っていない場合は、100円ショップなどで手に入る小さなボックスを利用すれば細分化できます。

書類を整理

書類の整理

仕事上、どうしても書類が増えてしまう方も多いでしょう。

書類の整理には、小さなメモ紙の紛失防止にもなるポケットがついたファイルの使用がおすすめです。出し入れもスムーズに行え、ものを捨てるときにもすぐに目当ての書類が見つかるため無駄な作業が省けます。

また、書類をまとめたファイルは平積みせず、ボックスなどを使ってまとめて保管しましょう。平積みにすると、下にあるものが取りづらかったり中身を確認しづらかったりするため、結局は整理整頓になりません。

ファイルの色やサイズを統一する、背表紙には分類名と一緒に日付を書くなどの工夫をすれば、より見やすく使いやすくなります。

また、よく使用する書類に関してはデスク上の手の届きやすいところに配置し、すぐには使用しないが保管すべき書類は引き出しにまとめておきましょう。

キレイな状態を維持するために

デスク周りがすっきりと片付いたら、観葉植物や写真立て、フィギュアなど何でも良いので、お気に入りのものを1つデスク上に置いてください。お気に入りのものが隠れてよく見えないと感じ始めたら、デスクが散らかっているサインです。

何かお気に入りのシンボルを置く方法は、忙しくて毎日気を配っていられないという方には整理整頓のタイミングの目安になり、おすすめです。また、仕事で疲れたときには癒やしを与えてくれるでしょう。

おわりに

整理整頓は、ものを減らす、片付けるだけではなく、その後どのように維持するかも大切です。デスク周りをキレイにすることで、重要書類の紛失防止や仕事の効率アップ、ものを探す時間短縮などメリットを多く感じられます。

まずは「ものを減らす」ことを意識し、必要なものが分かればそれらを小分けに整頓するところから始めましょう。

おそうじ応援隊!は、デスク周り以外のさまざまな場所の片付け方法についてもご紹介しています。ぜひ、日々の掃除や片付けの参考にしてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!