メラミンスポンジで車やガラス、陶器は掃除可能?メラミンスポンジの使い方

メラミンスポンジは、家の中のさまざまな汚れを洗剤要らずで簡単に落としてくれる万能掃除アイテムです。日頃から愛用している方も多いのではないでしょうか。

しかし、あらゆる場面で活用できそうなメラミンスポンジにも、実は使用してはいけない場所や素材があります。

今回は、メラミンスポンジの基本的な使い方や使用上の注意点をご紹介します。

メラミンスポンジとは

基本的な使用方法

メラミンスポンジとは、メラミン樹脂をミクロン単位で発砲させて、非常に細かい網の目を作って固めた「研磨スポンジ」のことを指します。お手頃価格の掃除グッズとしてスーパーやドラッグストア、100円ショップなどを通じて多くの商品が販売されています。

タイプもさまざまで、大きなブロックや正方形にカットされたもの、かわいいハートにカットされたものもあります。さらには重曹やクエン酸がスポンジに含まれているタイプもあります。

メラミンスポンジの基本的な使用方法

メラミンスポンジは、洗剤を使用せずに水だけで汚れを落とすことができる「使い捨てクリーナー」です。

使用方法は3ステップで、大変シンプル。

1.たっぷり水を含ませた後、軽く絞る

2.汚れが気になるところにあてて軽くこする

3.出てきた汚れを乾いた布などで拭くか、水でしっかり洗い流す

食器類など口につけるものに使用した場合は、必ず水洗いをしてください。

メラミンスポンジは使用するたびに消耗していくため、形状が小さくなっていきます。使いづらくなってきたら、水気を切ってから捨ててください。削りカスが出たら、かき集めて捨てましょう。

汚れの激しい場所を最後に掃除すれば、無駄なく使いきることができるでしょう。

メラミンスポンジを使って良い場所・ダメな場所

使用可能な場所

メラミンスポンジの素材である「メラミン」は非常に硬いプラスチックのため、使用方法も「汚れを削って落とす」、いわばヤスリのような感じです。したがって、メラミンよりも柔らかい素材をごしごしとこすってしまうとキズがついてしまいます。どのような場所でも使用できるわけではなく、使用して良いところとそうでないところがあることを覚えておきましょう。

メラミンスポンジを使って良い場所の例

・窓ガラス

・水栓(メッキ)

・洗面ボウル、トイレ便器(陶器)

・無垢材

メラミンスポンジを使ってはいけない場所の例

・フローリング

・車のボディー

・人体・歯

・プラスチック(便座など)

・漆器、木製製品

こんな使用方法もOK

メラミンスポンジは、掃除以外にも以下のような場面で活躍します。

カップなどの茶渋落とし

茶渋の原因は緑茶だけでなく、コーヒーや紅茶などさまざまで、気が付くと普通のスポンジでは落ちないほど頑固な汚れになっていることも少なくありません。

しかし、メラミンスポンジなら茶渋を容易に落とすことができます。水を含ませて軽くこするだけで汚れが落とせるため、漂白剤を使用したくない方におすすめです。

玄関のタイル磨き

玄関などのタイルを磨く際も、メラミンスポンジはおすすめです。ちょっとした汚れは軽くこするだけできれいになるため、簡単に掃除できます。

ただし、タイルの表面がざらざらしていたり、何らかの加工が施されていたりする場合は、メラミンスポンジがボロボロになってしまうことがあるためおすすめできません。あくまでも表面がツルツルとしたタイルに使用してください。

おわりに

メラミンスポンジは、正しく使用すれば家庭での掃除に大変役立ちます。洗剤の無駄使いを防止することができるため、家計と環境にやさしいといえるでしょう。

ぜひメラミンスポンジを活用して清潔な生活空間を作り、快適な暮らしを獲得してください。

おそうじ応援隊!では、メラミンスポンジの他にもさまざまな掃除グッズについてご紹介しています。ぜひご覧ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!