実は汚い!?メイクブラシやパフなど、メイク道具の掃除・お手入れをしよう

メイクをした後に、使用したメイク道具の掃除やお手入れをしていますか?

メイク道具を掃除したりしっかりお手入れをしたりすることで、メイクをキレイに仕上げることができます。

今回は、メイクブラシやパフなど、メイク道具の掃除・お手入れの方法についてご紹介します。

メイクブラシは使い終わる度にお手入れを

メイクブラシのお手入れ

メイクブラシを使用した後は、ブラシの先についているパウダーをティッシュペーパーなどで拭き取るようにしましょう。これにより、メイクブラシを長持ちさせられるだけでなく、より美しくメイクアップすることができます。

また、メイクブラシをケースやポーチなどにしまう場合は、毛先が広がらないようにブラシの先をそろえてから入れてください。毛先が広がってしまうと、メイクの仕上がりに影響を及ぼしたり、製品が寿命を迎える前にブラシを取り替えたりする必要が出てしまいます。

汚れたメイクブラシのお手入れには「振り洗い」

メイクブラシの先を毎回拭いていても、パウダーなどの汚れはどうしても溜まってきてしまいます。汚れが目立つようになってきた場合は、ブラシの洗浄方法として「振り洗い」をおすすめします。

振り洗いに必要なものは、ぬるま湯と専用クリーナーです。クリーナーがなければ代わりに中性洗剤を使用してください。これらの比率は、使用しているファンデーションのタイプにより異なります。パウダータイプであれば、ぬるま湯200mlに対して中性洗剤1ml、リキッドタイプであれば、ぬるま湯50mlに対して中性洗剤1ml、となります。

[振り洗いの手順]

1.ぬるま湯に洗剤を溶かしたら、ブラシを根元からぬるま湯に入れ、軽く振るように洗う

その際、軽めにブラシの毛先を押さえて洗うようにすると汚れをキレイに落とすことができます。

2.洗い終わったら洗剤の泡が落ちるまですすぎ、水気が切れるようブラシを手で軽く絞る

3.乾いたタオルでブラシの水分を拭き取り、毛先を整えて陰干しして完了

メイクブラシを掃除する際の注意点

メイクブラシを振り洗いしてから乾燥させるまでの間に、いくつか注意すべき点があります。

まずブラシを洗うときは、決して浸け置きをしないようにしてください。長時間ぬるま湯に浸けておくと、ブラシの根元についている接着剤が弱くなり、毛が抜けたり、劣化が早まったりしてしまいます。ぬるま湯で洗う際も、根元にある金属に液体がつかないよう注意しながら振り洗いする必要があります。

また、指でブラシの先を整えるときは、毛先を強く引っ張らないようにしましょう。無理やり形を整えようとしてしまうと、ブラシの毛が抜けることがあります。

他にも、メイクブラシを早く乾かそうとしてドライヤーを用いたり、直射日光に当てたりすることは避けましょう。毛先が広がり、劣化が進んでしまうことがあります。ドライヤーによる熱や紫外線はブラシにとって大敵となるため、必ず陰干しするようにしてください。

パフ全体を使用したら必ずお手入れ

パフのお手入れ

パフのお手入れには、メイクブラシと異なり、専用クリーナーもしくは中性洗剤のみを使用します。

[パフのお手入れ手順]

1.乾いたスポンジに10円玉くらいの量のクリーナーを出す

2.パフについた汚れとなじむよう押し洗い

3.パフから汚れが浮いてきたら、ぬるま湯に浸けて、もみながらすすぐ

4.キレイになったパフを軽く絞る

5.タオルやティッシュペーパーにはさみ、水気を切って陰干しすれば完了

陰干しする際に、パフを包んだティッシュペーパーを洗濯バサミなどでつるしておくと、乾いたパフに跡が残りにくくなります。

メイク道具をお手入れしても買い替えは必要

メイクブラシやパフなどのメイク道具は、日々入念にお手入れをしたとしても寿命には勝てません。交換時期を見極め、適度に買い替えるようにしましょう。

メイクブラシは、毛先の広がりや肌へのあたり具合に変化があったときが適切な交換時期です。加えて、ブラシの毛が抜けて先が細くなってきたときや、ブラシが変色したときなども交換の目安となります。

パフを交換するタイミングは、使い始めの頃よりも硬くなってきたときやパフの目が粗くなってきたときがベストです。また、お化粧時にファンデーションが均等にのびないと感じたら、新品のパフに交換するようにしましょう。

シュウウエムラ スポンジ クリーナー

シュウウエムラ スポンジ クリーナー

スポンジやパフにも使える、スポンジ専用クリーナー

おわりに

キレイにメイクをするためには、メイクブラシやパフなどのメイク道具を清潔な状態で使用することが大切です。現在お肌の悩みを持っている方や、お化粧ののりが悪いと思っている方は、1度メイク道具を掃除、または買い替えると良いかもしれません。

日々のメンテナンスを入念にすればするほど、メイク道具の持ちも変わります。これからは、ぜひメイク道具のお手入れにも力を入れてみてください。

おそうじ応援隊!では、メイク道具の他にアクセサリーの緑青を落とす方法などもご紹介しています。ぜひご覧ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!