散らかりやすい子供のおもちゃの整理術&収納術

気が付くと増えているお子さんのおもちゃ、皆さんはどのように整理していますか?

例えばリビングで遊ばせている場合、絵本やブロック、ミニカー、ままごと道具など、さまざまなおもちゃが散らかる状況に頭を悩ませる機会は多いと思います。やむを得ず普段は放置していても、いざ来客があった場合に慌てて見えないところに詰め込む、という対処法に仕方なく頼っているご家庭もあるでしょう。

そこで今回は、「隠す」「見せる」「つるす(掛ける)」をキーワードに、散らかりやすい子供のおもちゃの整理術&収納術をご紹介します。

「隠す」収納

作り付けのキャビネットや押し入れがある場合、その下段の一角を「おもちゃゾーン」にしてしまいましょう。押し入れの奥行きに適したサイズのキャスター付きワゴンを用意すると、出し入れがスムーズで便利です。

作り付けの収納スペースがない部屋には、カラーボックスを縦横に置いたり、引き出しタイプのチェストを並べたりして「おもちゃコーナー」を作ります。さまざまなサイズのカラーボックスをフレキシブルに組み合わせ、チェストの引き出しに仕切りを付ければ、こまごまとしたおもちゃの整理も可能です。

隠す収納は外からは中身が見えないため、「とにかく入れる」だけで片付きます。したがって小さなお子さんにも簡単で、何よりスピーディーなのがメリットです。

お子さんが少し大きくなったら、ケースに番号を付けたりエリアごとに色を変えたりして、おもちゃを分けて片付けられるようにすると良いでしょう。おもちゃにその番号や色のシールを貼ったり、逆にケースの方におもちゃの写真を貼ったりすることで、お子さんに片付けを覚えさせることもできます。

「見せる」収納

おもちゃの整理術&収納術

ままごと道具やドールハウス、ブロックやミニカー、絵本などが好きなお子さんは、同じシリーズのものを集めている場合が多いのではないでしょうか。大人でも、コレクターであれば飾っておきたいと思うものです。

そこで、カウンターやオープンラックを使って飾り棚を作り、見せる収納にトライしてみましょう。全てのおもちゃを出しておくわけではなく、お気に入りのおもちゃ(完成品)を「選んで飾る」ことに意義があります。どれを並べておくのか決めたら、それ以外のものはしまうようにお子さんと約束してみてください。

たとえば、ミニカーはスタッキングできる透明ケースに入れて並べると見栄え良く収納できます。絵本が多い場合は、背表紙を向けて入れるタイプの本棚よりも正面を向けて入れるタイプの絵本ラックを使いましょう。ひと目でお気に入りの絵本が見つけられます。ブロックやビーズなどは、色分けしてクリアボックスに入れて並べると見た目にもきれいです。

「つるす(掛ける)」収納

つるす(掛ける)収納

壁面だけでなく、キャビネットの両サイドや扉の内側など、ちょっとした空間を活用できる整理術が「つるす(掛ける)」収納です。ウォールポケットや園芸用のプランター入れ、金網タイプのカゴなどを釘やネジ、フックなどを用いて取り付けることで、簡単に収納を増やすことができます。

また、人形やぬいぐるみが好きなお子さんには、部屋の隅を利用したハンモック収納がおすすめです。ネットや布を張ることで、空間に新たな収納スペースが生まれます。布製の人形であれば、万が一落下しても壊れないため安心です。

いつもお気に入りのおもちゃを持って出かけるというお子さんがいるご家庭なら、巾着袋におもちゃを入れて壁に掛けておくと良いでしょう。中身のパターンを変えて複数個用意しておくことにより、日替わりで持ち運べます。

おもちゃ箱 ラック 天板付 ブラウン

おもちゃ箱 ラック 天板付 ブラウン

お子様の自立心をサポートし楽しくお片付けができます

おわりに

おもちゃを片付けることはただ単に元の場所に戻すだけでなく、そのおもちゃに愛着を持ち大切にする心を育てる上で大切なことです。

子供がおもちゃを自発的に片付ける意識を持つまでには時間も掛かりますし、片付けのルールはご家庭によって異なると思いますが、お子さんの成長や好みに合わせてアドバイスしてあげましょう。

「ただ入れるだけ」から「選んで並べる」ようになり、「工夫をして収納場所を探す」ことができるまで、我が子の成長を見守っていきたいものですね。

おそうじ応援隊!では、この他にもさまざまな整理術&収納術をご紹介しています。日々の整理整頓・収納の際のヒントとしてぜひお役立てください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!