食品庫の食材をすっきり整理・収納するアイデア3選

節約のために、食材をまとめ買いしてストックしているというご家庭は多いと思います。しかし、それらを上手に使い切れずに処分してしまい、本末転倒になっているという方もいるのではないでしょうか。食材を無駄なく使用するためには、食品庫を整理整頓することが大切です。

そこで今回は、食品庫の食材をすっきり整理・収納するためのアイデアを3つご紹介します。

【アイデア1】ストックの適正量を把握

「安いから買っておこう」、そう考えて使い道の決まっていない食材や調味料を買い足すことは、あまり得策とはいえません。目的がはっきりしていないために忘れやすく、むやみにストックを増やすことになるためです。

また、ご自宅の吊り戸棚やキャビネットの中にしまってあるものを全部出し、食品庫に何がどれくらいあるのかを把握することも大切です。

同じものが複数あった場合は注意しましょう。好みで買っている、回転が早いなど、短期間で消費できるものであればかまいませんが、すでに賞味期限が切れているもの、期限内に使い切れないものが残っていた場合は、買い物の仕方を見直すことが必要です。

今ある食材の要・不要をしっかり精査し、ストックの適正量を把握しましょう。

【アイデア2】「分類」と「見える収納」

「分類」と「見える収納」

食品庫の中の食材を全て出したら、整理しやすくするために分類していきましょう。

食品の種類による分け方や、箱・袋・瓶・缶など、形や大きさによる分け方がおすすめです。一度決めた基準を変えないようにしましょう。

分け方が決まったら、次は収納です。半透明のカゴやケースなどの容器を用いて、中身が見える状態で収納しましょう。

容器の大きさは、吊り戸棚やキャビネットの棚の高さ・幅に合わせて吟味してください。軽いものは高いところ(上段)、よく使用するものは目の高さ(中段)、重いものは低いところ(下段)に並べると、使い勝手が良くなります。

また、冷蔵の必要がない根菜などは、湿気が少なく風通しの良い場所での保存がおすすめです。新聞紙を敷きつめた木箱や壺などを活用すると良いでしょう。

食材の買い過ぎを防ぐコツは、あらかじめ置き場所を決めて、その容器に入る分だけを買うことです。見える収納の利点は、食品庫を開けた際に一目で何がどれくらいあるのか分かるだけでなく、使いたいものが見つけやすくなること。そのため、食事の支度にかかる時間の短縮にもなります。

【アイデア3】冷蔵庫をフル活用

冷蔵庫をフル活用

使いかけの小麦粉や片栗粉などの粉類はキッチンの吊り戸棚やシンク下に入れてしまいがちですが、湿気が多く害虫も発生しやすい場所のため、好ましくありません。そのような場合は冷蔵庫を活用しましょう。

冷蔵庫は生鮮食品の保存だけに限らず、開封済みの粉類の湿気防止や害虫避けにも一役買ってくれます。また、スペースに余裕がある場合は、お米を保存する場所としても活用しましょう。

容量の大きな冷蔵庫では、食品庫と同様に「賞味期限切れ」が起こりやすいものです。期限の近いものを目の高さ、かつ手前にまとめて置いておけば、使う順番を間違えることもありません。

フレッシュロック パスタ 2.7L パスタ保存容器

フレッシュロック パスタ 2.7L パスタ保存容器

ロングパスタや乾麺類の保存に便利

おわりに

大量のストック品を整理整頓せずに詰め込み収納すると、使い忘れや廃棄、購入の重複を招きます。吊り戸棚やキャビネットを使用する場合は、定期的に何がどのくらいストックされているのかを把握して、「見える収納」を心掛けましょう。

皆さんも、ぜひ一度ストック品を全て出してみてください。それが食品庫をすっきり整理・収納するための第一歩となります。

おそうじ応援隊!では、この他にもさまざまな整理・収納アイデアをご紹介しています。ぜひお役立てください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!