掃除機選びのヒントに!紙パック・ロボットなど…掃除機の種類と特徴

掃除に欠かせないアイテムである掃除機。掃除機があれば大きなゴミから普段は気付かないような小さなホコリやゴミまで吸い取ってくれるため、掃除を効率的に行うことができます。

しかし掃除機と一口にいっても、その種類はさまざまです。家電量販店に行っても、種類が多くどれがどのような機能を持っているのか、見た目ではよく分からない場合もありますよね。

そこで今回は、紙パック式掃除機、サイクロン掃除機、ロボット掃除機、スティック掃除機、ハンディ掃除機、これら5種類の掃除機について、特徴やメリットなどをご紹介します。

紙パック式掃除機

紙パック型掃除機

最も一般的といえるタイプが、この紙パック式掃除機です。吸い込んだゴミを掃除機内部の紙パックにため込み、ゴミがたまればその都度紙パックを交換するという使い方の掃除機です。

紙パック式の最大のメリットは、ゴミ捨ての簡単さと清潔さにあります。パックごと捨てて交換すれば良いだけなので衛生的で、捨てる際もあまりホコリが舞いません。

お手入れもパック交換だけで済むため、使い勝手の良いタイプだといえます。

ただし、掃除機本体とは別に紙パックを買う必要があり、紙パックが不要のものよりもランニングコストが掛かります。また、ゴミがたまりすぎると吸引力が落ちるため、こまめな紙パック交換が必要です。

サイクロン掃除機

紙パックがいらないタイプのため、一度購入すればその後コストがかさまず経済的です。また、取り込んだ空気はゴミと排気に分離されるため排気がきれいで、吸引力が持続しやすいことも大きなメリットです。

ただし、サイクロン掃除機は紙パックを使用しない分、こまめなゴミ捨ての他にもフィルター掃除やゴミをためる部分の水洗いなど、手間が掛かる部分もあります。

ロボット掃除機

ロボット型掃除機

ロボット掃除機の魅力は、なんといっても「スイッチを入れたら後は自動で掃除をしてくれる」こと。掃除が面倒な方や、忙しくてこまめに掃除をする暇がない方などにおすすめです。

しかし、必ずしもこちらが思う通りの掃除をしてくれるわけではないため、「この部分をもう少し掃除して欲しかったのに」と思うこともあるかもしれません。

また、非常に便利ですが高額な製品が多く、他の掃除機と比較すると初期費用が少しかさんでしまいます。

スティック掃除機

本体、ホース、パイプ、ノズルという一般的な掃除機の形とは異なり、本体とパイプ、ノズルが全て一体となっているのがスティック掃除機です。充電スタンドに立てかけておくコードレスタイプのものと、電気コードタイプのものがあります。

スティック掃除機は本体がコンパクトなため、狭いスペースにも保管できるというメリットがあります。

ただし、紙パック式やサイクロン掃除機などと比較すると吸引力は低めです。また、コードレスタイプのものは長時間使用する場合には向きません。リビングやキッチンなどの汚れやすい場所で保管し、サブ掃除機として使用することをおすすめします。

ハンディ掃除機

片手で持てるコンパクトタイプで、最近は布団専用のハンディ掃除機が人気を呼んでいます。ハンディ掃除機はとにかく小型で軽く、狭い場所や高い場所の掃除にとても便利です。

他のタイプと比較すると吸引力は劣りますが、「他の掃除機が届かないところに届く」という点が最大のメリットであり、1家に1台あっても良いかもしれません。

おわりに

吸引力を重視するのか小回りを重視するのか、メインで使うのかサブで使うのかなど、使用する方法によって重視する点は異なるため、どのタイプが絶対に良いとは断言できません。

各掃除機タイプの特徴を把握し、掃除する頻度、保管場所、部屋の広さなどを考慮して選ぶと良いでしょう。

おそうじ応援隊!では、この他にも掃除関連のコラムを多数ご紹介中です。ぜひ参考にしてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!