お墓掃除には歯ブラシが使える?知っておきたいお墓掃除の道具と方法

知っておきたいお墓掃除の道具と方法

お盆を始め、お彼岸や年末年始、故人の命日など、お墓参りをする機会は年に何度か訪れます。お墓参りで一番大切なのは、いうまでもなく故人を偲ぶ気持ち。そしてその次に大切なのは、お墓をきれいに保つことです。お墓やその周りが汚れていると、お参りをする方も良い気持ちはしませんし、故人に対して失礼にあたります。

そこで今回は、お墓掃除の基本的な手順や、あったら便利な道具などをご紹介します。

基本的なお墓掃除の手順

お墓掃除の手順

お墓掃除に決められたルールはありませんが、基本的な手順は存在します。
一般的な掃除の流れは以下の通りです。

1.墓石周辺(区画内)の掃除をする
2.墓石を洗う
3.小物類を洗う
4.水を拭き取る

墓石周辺の掃除にはどんなものが必要?

お墓掃除にはザルが便利

墓石周辺の掃除には、ほうきとちり取りが必須です。
枯れ木や落ち葉、枯れ落ちた供花など、墓石周辺には意外とたくさんのゴミが落ちているものです。ゴミを最初に取り除いておくことで、その他の掃除も楽に行えます。

また、区画内に雑草が生えている場合は抜いておきましょう。軍手やスコップがあると便利です。
植木などがある場合は剪定用のはさみも持っていき、必要があれば枝を切り落とすなどの対応をしてください。

また、敷地内に玉砂利が敷き詰められている、というお墓も少なくありません。玉砂利掃除にはザルが活躍します。スコップなどで玉砂利をザルに集め、水洗いをするだけでもきれいになりますよ。

【墓石周辺の掃除にあると便利な道具まとめ】

・ほうき
・ちり取り
・ゴミ袋
・軍手
・スコップ
・剪定用のはさみ
・ザル

墓石にタワシはNG!掃除はスポンジで優しく

墓石はデリケートです。丁寧に扱わないと、欠けたりコーティングが剥がれたりしてしまうことがあるため注意しましょう。
霊園に掃除用のタワシが用意されている場合がありますが、墓石掃除にタワシは向いていません。特に、金属タワシは石の表面が傷だらけになってしまうため避けてください。

墓石におすすめの掃除道具は柔らかいスポンジです。スポンジに水を染み込ませ、墓石全体を優しく磨いてください。スポンジの代わりに雑巾や古布などを使用してもかまいません。

また、墓石掃除は基本的に水洗いのみでOKです。家庭用の塩素系洗剤はシミや変色の原因になり、研磨剤入りの洗剤は石の表面を削ってしまいます。汚れがひどくて水だけではどうしてもきれいにできないという場合は、市販されている墓石用の洗剤を使いましょう。

また、墓石を洗った後そのまま放置すると苔が生えやすくなってしまうため、仕上げに乾いた雑巾や布で水気を拭き取ってください。苔をなるべく生えないようにした方が、石が長持ちします。

【墓石の掃除にあると便利な道具まとめ】
・柔らかいスポンジ
・雑巾(古布)
・墓石用の洗剤(汚れがひどい場合)

細かい部分の掃除には歯ブラシがおすすめ

墓石に刻まれた文字の溝にたまった汚れは、スポンジだけでは落とせないこともあります。そこで便利な道具が歯ブラシです。歯ブラシなら細かい部分の汚れにも対応できます。

また、滑り止めのゴムが付いていない軍手もお墓掃除に便利なアイテムの1つです。手を汚さないように使用するのではなく、軍手をはめた手自体を雑巾代わりにするのです。狭いところや小物類を洗う際に重宝しますよ。
仏花や榊を入れる花筒は、花筒専用の柄のついたブラシを利用して掃除してください。

【細かい部分の掃除にあると便利な道具】
・歯ブラシ
・軍手(滑り止めのゴムが付いていないもの)
・花筒用ブラシ

おわりに

お墓は土ぼこりや風雨にさらされているため、定期的な掃除が欠かせません。また、お墓が海に近い場所にある場合は、潮風による風化にも注意する必要があります。
お墓掃除は、基本的にほうきやちり取り、そして歯ブラシなどの身近なものがあればできるため、お墓参りのたびに少し時間を掛けてきれいに掃除し、故人を供養しましょう。

おそうじ応援隊!では、お墓掃除の他にも日々の掃除の役に立つ掃除コラムをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!