洗面台を掃除して黒ずみ汚れや水垢をきれいに!洗面台の掃除方法

毎日顔を洗ったり手を洗ったりする洗面台は、いつも清潔であれば気持ち良く使用することができますよね。しかし、洗面台は汚れが付きやすい場所でもあります。きれいな状態をキープするのが難しいと思っている方も多いのではないでしょうか。

忙しいからと洗面台掃除を後回しにすると、黒ずみ汚れや水垢がますます頑固にこびり付いてしまいます。

そこで今回は、洗面台をピカピカにキープするための、洗面台の掃除方法をご紹介します。

洗面台の掃除に役立つアイテムと使い方

役立つアイテムと使い方

洗面台は、ぬめりや石けんカス、水垢などで特に汚れやすい場所です。洗面台の掃除を少しでも楽にするために、以下に挙げる洗剤や道具を使用することをおすすめします。

【浴室用中性洗剤】

洗面台は、浴室同様に石けんカスが付きやすいところです。浴室用洗剤は石けんカスや皮脂汚れを落とすための成分でできているため、基本的にはこれがあれば十分です。

【重曹、クリームクレンザー】

通常の洗剤では落ちない黒ずみ汚れは、重曹やクリームクレンザーなど、研磨効果のあるものを使って落とします。ただし、力を入れすぎたりすると洗面台に傷が付くことも。こすりすぎに注意して使用しましょう。

【クエン酸、酢】

アルカリ性の汚れである水垢を落とすには、酸性のクエン酸や酢がぴったりです。重曹と組み合わせれば、排水口の掃除をすることもできます。

【メラミンスポンジ】

鏡の汚れや洗面ボウルなどの汚れを洗剤なしで落とせます。ただし、研磨効果の高いスポンジのため、表面に曇り止め加工がされている鏡には使用しないでください。また、洗面ボウルをメラミンスポンジでこする際は、重曹やクリームクレンザー同様こすりすぎに注意しましょう。

【ボディー用ナイロンタオル】

水栓金具などの掃除に使用します。泡立ちや水切れが良いため扱いやすく、長いので蛇口周りに巻き付けて掃除するのに便利です。

【ブラシ類】

洗面台には、オーバーフロー(洗面ボウルの水抜き穴)や排水溝のキャッチャーなど、細かく奥まった部分が多いものです。そのため、細部に使用できる細いブラシや、使い古しの歯ブラシなどを用意しましょう。

【マイクロファイバークロス】

拭いた後に繊維が残らず、吸水性と速乾性に優れています。また、極細の化学繊維のため軽い力で汚れをこそぎ取ることが可能です。鏡や蛇口を磨くのに適しています。

洗面台の掃除方法

水栓金具の掃除

それでは、洗面台の具体的な掃除方法を場所ごとにご紹介します。

【洗面ボウル】

軽い汚れの場合は浴室用中性洗剤で、必要に応じて重曹、クリームクレンザーで洗います。オーバーフロー(水抜き穴)も小さなブラシで洗いましょう。最後にマイクロファイバークロスで全体を乾拭きします。

メラミンスポンジがある場合は、メラミンスポンジで小さく円を描くように優しくこすってください。

【水栓金具】

クエン酸水または酢をかけた後、ナイロンタオルを巻き付けるようにしてこすります。

【鏡】

クエン酸水、または酢をスプレーし、マイクロファイバークロスで磨きます。曇り止め加工がされていない鏡の場合は、メラミンスポンジでこすってもOK。

【排水口】

キャッチャーの細かい部分を細いブラシで掃除しましょう。排水管は、重曹を入れた後にクエン酸水、または酢を流し入れると発泡し、ぬめりや臭いを取ってくれます。

洗面台をきれいに保つコツ

どんなお掃除にもいえることですが、汚れは溜め込まないことが一番です。溜め込むと汚れが落ちにくくなり、落ちにくいと掃除をしたくなくなり…と、悪循環に陥ってしまいます。

そうならないために、洗面台を使用するたびに簡単な「ついで掃除」を行いましょう。歯磨きや洗顔、手洗いのついでに、スポンジなどで洗面ボウルをさっと磨くだけでもOKです。

また、洗面ボウルや鏡、水栓金具には水滴を残さず、拭き取っておくことも大切です。

おわりに

朝一番に顔を洗ったり歯を磨いたりする洗面台が汚れていては、朝の晴れやかな気分も台無しになってしまいますよね。

ついで掃除や定期的なしっかり掃除を習慣にすることで、洗面台の黒ずみ汚れや水垢の発生を抑え、常にきれいな状態をキープしましょう。

洗面台掃除をする時間がなかなか取れないという方は、プロに掃除の依頼をしてみてはいかがでしょうか。

おそうじ応援隊!では、ハウスクリーニングサービスを提供しています。まずはお気軽にご相談ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!