梅雨が来る前にカビ予防!お風呂場、収納、布団のカビを防ぐ方法

じめじめした梅雨の季節になると、気になるのがカビです。いつの間にか発生し、私たちの生活にさまざまな影響を与えます。今回は、浴室・収納スペース・布団など、家の中でも特にカビが発生しやすい箇所をピックアップして、カビ予防の方法をご紹介します。

カビはなぜ増える?

カビは、基本的に以下の条件がそろうと爆発的に増えてしまいます。

1.温度(20~30度)

2.湿度(60%以上)

3.栄養(食べ物や皮脂、汚れ全般)

上記3つが、カビを繁殖させる条件です。湿度の高い日が続く梅雨は、カビにとって「最高の季節」なのです。

また、カビは一度生えてしまうと除去するのがとても大変。掃除をして一見キレイになったように見えても、実は根を張ってすぐに復活する場合が多いのです。

そこで重要になってくるのが、「カビが生えないように予防する=防カビ」です。

7290-00078-2

お風呂場のカビ予防

浴室は暖かくて湿気がたっぷり。そして、人間の皮脂や垢などの汚れ、つまりカビにとっての栄養が豊富なので、家の中でも特にカビが発生しやすい場所です。お風呂場のカビ発生を防止するコツは、温度と湿度を下げて栄養(汚れ)を残さないことです。

入浴後に浴室全体を水シャワーで冷却する

入浴後は、浴室全体に水シャワーをかけましょう。特に壁や床、ドアなどはしっかりと。これで浴室の温度がぐっと下がり、カビ予防につながります。余裕があれば、仕上げに壁などの水滴をさっと拭き取っておきましょう。湿度も下がり防カビ効果がアップします。

換気扇は24時間回しておく

浴室の換気扇をきちんと利用することも、カビ防止に役立ちます。換気扇を24時間回しっぱなしだと電気代が気になるところですが、実は月々数十円~数百円程度しか掛かりません。カビ除去に掛かるコストと比べると、むしろ回しっぱなしでいた方がお得です。

掃除はこまめに

人から出る皮脂や垢などはもちろん、石鹸カスもカビにとってはごちそうです。浴槽だけでなく、壁や床、椅子などのお風呂グッズも定期的に掃除しましょう。

また、浴室でよく見かけるピンク色のぬめぬめした汚れ。これは「ロドトルラ」という名の酵母菌です。カビではありませんが、この菌とカビの生える場所はだいたい同じ。ピンク汚れを放っておくと、同じ場所にカビも生えてきます。見つけたら速やかに掃除をしましょう。

収納スペースのカビ予防

クローゼットや押し入れなどの収納スペースは閉めきっている場合が多いため、室温・湿度ともに上昇しやすい状態です。その結果、カビの温床になってしまうことも。以下の対策でカビを防止しましょう。

湿気を取る

収納スペースのカビ予防は、湿気をこもらせないのが重要。市販されている湿気取りグッズや乾燥剤のシリカゲル、和紙で包んだ炭などを収納スペースに置いておくと、湿気を吸い取ってカビを予防してくれます。

定期的に換気する

湿気取りグッズと併せて行いたいのが換気。空気を循環させることで、湿度を効率よく下げられます。ポイントは、必ず2カ所以上開けること。入り口と出口がないと空気は流れていかないので、換気をする際は2カ所以上開けて空気の通り道を作りましょう。

布団のカビ予防

7290-00078-3

寝具のカビは普段気付きにくいものですが、実は生えていたというパターンが多いものです。一度カビが発生すると、買い替え以外に選択肢がなかなかないのが現状です。

日常的に日干しを

人は眠っている間に約200mlの汗をかくといわれており、パジャマや布団がそれを吸収しています。パジャマは簡単に洗えますが、布団は頻繁な洗濯が難しいため、晴天時は外に出して干しましょう。梅雨どきは外に出せませんが、布団乾燥機などを利用すれば湿気を防げます。また、布団をめくっておくだけでも湿気対策になります。

床・マットレス・ベッドの間に隙間を作る

布団で最もカビが生えやすいのが、床に接している面。通気性が悪く蒸れやすいため、カビの温床になりがちです。特に、布団をフローリングに直接敷いている場合は要注意!夜中に吸った汗を発散できないため、フローリングと寝具との間が湿ってカビが発生しやすくなります。フローリングにスノコを置いた上で布団を敷くか、毎日布団を畳むなど工夫をしましょう。

ベッドの場合も同様です。最近は通気性の良いマットレスもありますが、定期的にベッドとマットレスの間に隙間を作って通気性を良くすると、カビ予防になります。

おわりに

カビは発生を未然に防ぐことが大切です。そのためにも、温度・湿度・汚れには十分気を配りましょう。

おそうじ応援隊!では、「お風呂のカビ徹底退治パック」などのサービスもご提供しています。市販の洗剤では取り除ききれないカビの除去も、ぜひお任せください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!