臭いやすいお風呂やシンクの排水口…臭い対策と掃除で清潔な状態を保とう

お風呂やキッチンのシンクなど、水回りのお掃除で厄介な場所といえば、排水口です。ちょっとお掃除をさぼってしまうと、季節によってはイヤな臭いが漂ってしまいがち。

しかし場所が場所だけに、触るのも、見るのも苦手という方は多いのではないでしょうか。今回は、排水口の臭い対策と、清潔な状態を長く保つための簡単な方法をご紹介します。

排水口が臭ってきたらまずは水を流す

7290-00062-2

排水口は、一般的に下水から室内に臭いが上がってこないよう、「トラップ」という部分で臭いにフタをする構造になっています。トラップ部分には排水があるたびに新しい水が張られ、その水自体が下水側と室内側を隔てるフタの役割をしています。

外泊や長時間の外出などでしばらく水回りを使用しない場合、トラップの水がなくなってしまい、直接下水の臭いが室内に上がってくる可能性があります。定期的に排水口の掃除をしているのに臭う場合は、まずは水を流してから様子を見ましょう。

酢と重曹で「触らなくてもOK」な掃除を

新しい水を流してみても何だか臭う……。そのような場合は室内側、つまり排水口自体の汚れが原因かもしれません。

掃除をすればキレイになることは分かっているものの、排水口を直接触るのがイヤでなかなか行動に移せていない方も少なくないでしょう。

そのような方にもおすすめなのが、酢と重曹を使った掃除方法です。

手軽に、そして安全に掃除できるこの方法。何といっても直接「触らなくてもOK」なところが最大の魅力です。酢はスーパーで、重曹はドラッグストアや100円ショップで手軽に購入することができます。

【酢と重曹で排水口を掃除する方法】

1.排水口に重曹をたっぷり撒く

2.1で撒いた重曹の半分程度の量の酢を用意し、レンジで30秒ほど加熱

3.温まった酢を排水口の上にまんべんなくかける

4.泡立つのを確認したら、30分程度そのまま放置

この時、人体に害のない炭酸ガスが発生します。場合によっては臭うことがあるため、念のため換気しましょう。

5.蛇口からお湯を出し、排水口の汚れを流して完了

ポイントは、汚れが見えなくなるくらいたっぷりと重曹を撒くこと。少ないと汚れが残り、二度手間になってしまいます。

排水口の臭いの原因は、シンクの場合は食品や油の「酸性の汚れ」、お風呂の場合は水垢や石けんカスなどの「アルカリ性の汚れ」がほとんどです。酢と重曹を合わせて反応させることでどちらの汚れも中和され、流しやすくなります。

また、この方法のメリットは材料をふりかけたら放置するだけという点です。直接手を触れず、安全で手軽に行えるため、汚れや臭いが気になった際にこまめに掃除することができます。

7290-00062-3

アルミホイルで排水口の抗菌・防臭を

掃除が完了して排水口が清潔な状態になったら、それをキープしなければなりません。そのために便利なアイテムが、アルミホイルです。

【アルミホイルを使った排水口の抗菌・防臭策】

1.アルミホイルを適当な大きさにカット

2.1をピンポン玉くらいの大きさにくしゃっと丸める

ぎゅうぎゅうに固めず、軽く丸めましょう。

3.2を掃除が完了した排水口に2、3個入れて完了

アルミホイルが水と反応すると、ぬめり・臭いを防ぐ効果のある金属イオンが発生し、シンクやお風呂を使うたびにキレイな状態をキープしてくれます。

アルミホイルは小さすぎると排水口のすき間に挟まってしまい、水が流れにくくなってしまうため注意してください。排水口の生ゴミや髪の毛を捨てるついでに新しいアルミホイルに交換すると、より清潔な状態を保てます。

おわりに

掃除が苦手な方でも、今回ご紹介した方法であれば手軽に、そして安全に排水口をキレイにすることができるはず。イヤな臭いをスッキリ解消して、快適な毎日を過ごしたいですね。

おそうじ応援隊!では、キッチンとお風呂の排水溝を徹底的にキレイにする「ぬめり完全除去パック」をご提供しています。

通常のお掃除では落ちないほどの汚れがある場合や、なかなかお掃除に時間を回せない場合は、ぜひおそうじ応援隊!のサービスをご活用ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!