【掃除の基本】ガラス、木材、金属など、材質ごとの掃除のコツと注意点

皆さんは、掃除をするときに全ての場所を同じように掃除してしまっていませんか?同じ室内でも、場所や使われている材質などによって効果的な掃除の仕方は異なります。

今回は、より効率良く確実な掃除の仕方、そして使われている材質ごとの注意点をご紹介します。

窓ガラスは乾拭きで仕上げる

窓ガラスは、内側には主に部屋のホコリや手垢、煙草のヤニなどの汚れが、そして外側には舞い上がった土や排気ガスなどの汚れが付いています。

7290-00051-2

平らなガラスの場合

少しの汚れであれば、濡れ雑巾で軽く全体を拭いた後に、乾いた雑巾もしくは新聞紙を使って全体を拭き取ることできれいに仕上げることができます。

汚れがしつこい場合は、市販のガラス用洗剤を全体に馴染ませた後で、同じように乾いた雑巾などで仕上げましょう。

また、窓掃除の際はガラス用のスクイージー(ワイパー)があれば掃除の効率が上がります。ただし、表面に凹凸のあるタイプのガラスに使用した場合はへこんだところに汚れが残る可能性があるため、スクイージーが力を発揮するのは平らなガラスに限定されます。

装飾ガラスの場合

擦りガラスや、表面に装飾のあるガラスを掃除する場合には、泡タイプの洗剤がおすすめです。

泡洗剤をガラス全体に馴染ませ、数分置いて汚れを浮かせた後で水洗い、もしくは軽く絞った雑巾で泡を取り除けば、細かい部分まできれいになります。最後は平らなガラスと同じように乾いた雑巾などで仕上げましょう。

鏡やガラスの水垢にはお酢

同じガラスの汚れでも、お風呂場や洗面所の鏡に付く汚れは窓ガラスとは異なります。鏡には石鹸類や皮脂などから出る「脂分」と、飛び散ってしまった歯磨き粉や水道水に含まれる成分である「カルシウム類」が付きやすく、これらが混ざった汚れが水垢の正体です。

固まってしまった水垢は、浴室用スポンジなどではもはや太刀打ちできない状態になっている場合もあります。このようなときに有効な技が、酢を使う方法です。

方法は簡単。雑巾に酢を染み込ませてガラスを拭くだけで、水垢をきれいに落とすことができます。また、固まって落としにくくなってしまった水垢には酢を染み込ませたティッシュやガーゼを貼り、半日置いておきましょう。水垢に酢の成分を浸透させることで、水垢をきれいに落とすことができます。どちらも最後にしっかり乾拭きをするようにしましょう。

木材に対して水分は基本的にNG

床や柱、手すりなどの木材部分を掃除する場合は、水分に注意して行う必要があります。「床掃除といえば雑巾がけ」というイメージがあるかもしれませんが、木材を傷めないためには水拭きに細心の注意を払いましょう。

ニスやワックスなどが塗られていない場合

白木の状態の柱、あるいは障子の枠などは、普段の掃除であれば乾いた雑巾で拭く程度で十分です。ただし、長年の汚れが蓄積しているなどの場合は、住宅用洗剤を使って木材に染み付いたアクを落とす作業を行いましょう。

ニス、ワックスなどが塗られている場合

白木より水分を吸いにくくはなっていますが、水拭きをしすぎると水分が原因で傷みや表面のひび割れが起きてしまうことがあります。基本的には乾拭きで掃除するようにしましょう。ただし、汚れやすい床は定期的(年に1回程度)ワックスを塗り直す必要があります。

金属にはダメージの少ない道具や洗剤を用いる

7290-00051-3

まず、お風呂場や洗面所などのステンレス製蛇口に付いた水垢やサビには、研磨剤の入った歯磨き粉を使って落とす方法が有効です。やわらかいスポンジに歯磨き粉を付け、全体を軽く擦った後で洗い流し、乾いた布で拭き取ります。

クレンザーなど、市販されている研磨剤の方が洗浄力はありますが、その分粒子が金属を傷つけ、塗装の剥がれや新たな汚れの原因になることがあります。

汚れがひどい場合は、歯磨き粉に酢を混ぜたり、市販の洗剤を使ったりしても良いでしょう。ただし、強い酸性の洗剤は傷みの原因になることや、場合によっては金属が溶けてしまうこともあります。製品の裏面などに書かれた注意書きをよく読み、金属部分の掃除に適さないものは使用しないでください。

また、金属に残った水分はサビやカビの原因になります。掃除の最後は乾拭きで仕上げましょう。

おわりに

一口に掃除といっても、使われている材質や場所によって適切な方法は変わります。しかし、いずれの材質にも共通していえることは、掃除の最後には水分を残さないように仕上げる必要があるということです。

水分が残った状態で掃除を終えると、のちのち傷みやカビ、サビなどの悪影響が出てきます。次の掃除が大変になってしまうことも考えられるでしょう。基本的には、掃除は乾拭きで仕上げることが大切です。

おそうじ応援隊!では、この他にもさまざまな場所のお掃除方法をご紹介しています。ぜひ日々のお掃除のヒントにしてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!