網戸掃除で通気性アップ!掃除に役立つ便利グッズや簡単掃除方法をチェック

春夏秋冬、どの季節でも換気は大切です。換気の際になくてはならないのが網戸。窓の外側に設置されているため、網戸にはどんどん汚れがたまっていきます。どのように掃除すれば良いのか分からないまま、汚れを放置している方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、網戸を簡単にきれいにする方法や、おすすめの掃除道具についてご紹介します。

網戸の汚れの特徴

網戸の内側は、家の中の綿ぼこりやキッチンからの油煙でべたついた汚れがたまりやすく、外側は風に乗ってきたゴミや土ぼこりなどで黒い汚れがたまりやすい部分です。

このようにしてさまざまな汚れが混ざり合うと、通気性が悪くなり換気の効果も薄くなってしまいます。網戸掃除はできるだけ定期的に行いましょう。

メラミンスポンジで簡単に網戸掃除

7290-00043-2

メラミンスポンジとはメラミン樹脂でできたスポンジのことで、水を含ませるだけで大きな洗浄力を発揮する点が特徴です。網戸掃除にも便利な、メラミンスポンジを使用した掃除方法をご紹介します。

[メラミンスポンジを使った網戸掃除方法]

1.ほこりやスポンジのカスが散らばっても大丈夫なように、床に新聞紙などを敷く

2.網戸の反対側に新聞紙をあて、手前の面から掃除機で大まかなほこりを吸い取る

このとき、力を入れて行うと網戸が傷ついたり、たわんだりするため、そっと優しく掃除機をあてることがポイントです。

3.メラミンスポンジを水に濡らし、握りこむように絞ってから上から下に優しくこする

スポンジが黒く汚れてきたら水で洗ってください。スポンジが常にきれいな状態で掃除ができるようにしましょう。

4.敷いておいた新聞紙にたまったスポンジのカスや汚れをまとめて捨てる

床に落ちてしまったカスは掃除機で吸ってください。

[メラミンスポンジだけではきれいにならない場合]

1~3の手順は通常の掃除方法と同じです。

後は大さじ1杯程度の重曹と100mlの水をスプレーボトルに入れてよく混ぜ、網戸に吹き付けてから再度メラミンスポンジで軽くこすります。そして最後に雑巾で乾拭きすれば、網戸の汚れはすっきりと取れるはずです。

網戸掃除の便利グッズ

7290-00043-3

【ブラシタイプ】

網戸は目が小さいため、細かい汚れをかき出すことができるブラシタイプがおすすめです。

網戸掃除用に柄の付いた大きめの製品もあり、水に濡らしてこすればさらに効果がアップします。また丸洗いもでき、何度も繰り返し使うことができて経済的です。

その他にも、マイクロファイバーが先端に付いた、網戸と窓ガラスの両方の掃除に使用することができるモップ状の製品もあります。

【スポンジタイプ】

メラミンスポンジに代表される、弾力性のあるスポンジタイプ。水に濡らすだけで洗浄力がある点が魅力的です。値段が安い点も嬉しいポイントです。

【網戸シート】

ハンディータイプと、高いところまで届くロングタイプがあります。床掃除用のワイパーのように本体にシートを取り付け、網戸をこすることで汚れを落とすことができます。

【お掃除ローラー】

衣類や布などに使うことの多いローラーですが、網戸用のものもあります。水で薄めた中性洗剤をローラーに染み込ませ、網戸に転がすことで汚れをかき出すことができるグッズです。

おわりに

網戸には、家の内側と外側の両方からさまざまな汚れが付きます。網戸の掃除は大変なように思えますが、実は難しい作業は一切なく、誰でも簡単に行うことができます。

ぜひ、網戸掃除をして新鮮な空気を部屋に取り入れましょう。

おそうじ応援隊!では、網戸掃除の方法以外にもお掃除に役立つコラムをご紹介しています。他のコラムもぜひご覧ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!