魚焼きグリルの掃除&臭い取りには片栗粉と重曹!グリルの簡単掃除方法

焼き魚はもちろん、お肉や野菜にも活用できる魚焼きグリル。手軽に扱うことができる反面、そのお掃除はとても面倒です。食品自体の汚れが付きやすいことに加え、臭いのこびりつきも気になるところでしょう。

そこで活躍するのが片栗粉と重曹。洗剤が必要ないため、安心・安全に掃除や臭い取りを行うことができます。

今回は、片栗粉と重曹を利用した魚焼きグリルの簡単掃除方法をご紹介します。

使用後の受け皿は片栗粉で掃除

魚焼きグリルの受け皿は、放っておけば頑固な汚れがこびりついてしまいます。

そのようなしつこい汚れに片栗粉を使用すると、驚くほど簡単にきれいになりますよ。

片栗粉を使用した受け皿のお掃除方法

1.使用後の魚焼きグリルの受け皿に、水溶き片栗粉(水300mlと片栗粉大さじ4杯)を注ぐ

2.魚焼きグリルのスイッチを入れ、水溶き片栗粉が熱せられるまで火をつけておく

3.スイッチを切り、グリル全体の熱が冷めるまでしばらく待つ

4.水溶き片栗粉がグミのように冷え固まったら、受け皿の四隅から手で剥がす

5.最後にお湯ですすぐ

汚れと一緒に固まった水溶き片栗粉をべろんと剥がす感覚が、ついついクセになってしまう掃除方法です。お子さんやご家族と一緒に、楽しく行うことができるでしょう。

調理前に重曹で汚れ・臭い予防

7290-00038-2

調理前にあらかじめ汚れと臭いを防止することで、使用後の掃除を簡単にすることができます。それは、魚焼きグリルの受け皿の水にあらかじめ重曹を溶いておく方法

ドラッグストアや100円ショップで簡単に手に入る重曹は、漬け物やお菓子作りにも使用される安全な素材です。そのため、受け皿に溶かしておいても安心して調理することができます。

重曹を使った受け皿のお掃除方法

1.調理前の魚焼きグリルに水を張り、大さじ1~2杯の重曹を溶かす

2.そのままいつも通りの方法で魚などを調理する

3.調理が終わってグリルの熱が冷めたら、受け皿を取り出す

4.受け皿を水で流す

固まった重曹と汚れがスルスルと流れ落ちます。

重曹を溶かすひと手間を加えるだけで、グリルを使用した後の掃除が楽になります。これなら掃除が負担になることもありませんよね。

しつこい臭いにはお茶の葉で対策を

7290-00038-3

片栗粉や重曹を使用した掃除でほとんどの汚れや臭いを取ることができます。しかし、食品の種類によってはどうしても臭いが残ってしまうことも。

そのような場合は、出がらしのお茶の葉を受け皿に入れ、2~3分加熱すると良いでしょう。お茶の葉には消臭効果があり、特にしつこい魚の臭いによく効きます。コーヒーかすでも同じ効果が得られるためおすすめです。

また、レモンの絞り汁を含ませた布で、グリル内を優しく拭き上げるのも効果的です。レモンの中に含まれるクエン酸が、臭いの原因である汚れを浮かせて落としやすくしてくれます。

ただし、レモンの絞り汁を使用した後は、水拭きを忘れずに行いましょう。素材によっては、網やグリル内がさびることがあるため注意してください。

おわりに

きれいにするのが大変だと思っていた魚焼きグリルも、片栗粉と重曹を使用することで簡単かつ安全に掃除することができます。

臭いや汚れの気にならないさわやかなキッチンスペースで料理を楽しみましょう!

おそうじ応援隊!では、魚焼きグリルの他にもさまざまな場所の簡単お掃除術を多数ご紹介しています。ご家庭で行うお掃除のヒントとして、ぜひお役立てください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!