電気ポットや電子レンジ掃除にも重曹やクエン酸?キッチン家電掃除の仕方

本当は毎日きれいにしたいけれど、ついつい後回しになってまうキッチン家電のお掃除。その中でも、電気ポットや電子レンジの汚れは気になってはいても後回しにしがちではないでしょうか?

しかし、キッチン家電の汚れは時間が経つと落ちにくくなってしまいます。頑固な汚れとなれば強めの洗剤を用意する必要がありそうですが、実は洗剤を使用せずに、安全な材料で簡単にきれいにする方法があります。

その安全な材料というのが、今やおなじみの重曹とクエン酸。今回は、重曹とクエン酸を使用したキッチン家電掃除の仕方をご紹介します。

電気ポットの白い汚れ・茶色い汚れにはクエン酸

電気ポットに水を足そうとフタを開けた際、想像以上に汚れていて驚くことはないでしょうか。

電気ポットの内部にこびりついた白い汚れの正体は、ミネラルウォーターや水道水に含まれるミネラル分が結晶化したもの。

一方、茶色い汚れの正体は、水道水の中の不純物が熱せられてこびりついたものです。

これらの汚れはクエン酸を使用してきれいにしましょう。

クエン酸は、レモンや梅干しなどの酸味の強い食品に含まれている酸性の物質です。アルカリ性の汚れに反応し、洗浄効果を発揮します。

7290-00037-2

クエン酸を使用した電気ポットの洗浄方法

1.電気ポットに、満水になるまで水を入れる

2.市販のクエン酸大さじ1杯をポットに入れる

3.電気ポットのスイッチを入れて水を沸騰させる

その後、3時間ほどそのままにします。

4.電気ポットの水を捨て、柔らかいスポンジで内側を軽くこすり洗いする

5.水で電気ポットの中をよくすすぎ、フタを開けたまま乾燥させる

クエン酸はドラッグストアや100円ショップなどで簡単に手に入ります。食品由来のナチュラルな素材なのに、その洗浄力は確かなものです。

電気ポット以外にも水回り掃除などで多岐にわたって使用できるため、ご家庭に常備しておきたい掃除アイテムといえます。

電子レンジの油や焦げ汚れには重曹

7290-00037-3

使用頻度の高い電子レンジは、お皿やお鍋のように丸ごと洗えないため、どんどん油汚れや焦げ付き汚れがたまっていきます。

レンジ内の汚れを長期間放置すると、汚れにマイクロ波が集中していまい、発熱や発火の危険性が高まることを知らない方も多いのではないでしょうか。レンジ内の汚れは危険なため、定期的にきれいにするよう心掛けましょう。

電子レンジの汚れには、重曹を使用した掃除がおすすめです。重曹はアルカリ性のため、油などの酸性の汚れを中和・分解する効果があります。アクの強い山菜の下処理や、漬物、ケーキを作る際にも使用されるなど、口に入れても安全な素材です。

重曹を使用した電子レンジの掃除方法

1.電子レンジで使用できる耐熱容器を用意

2.1の容器に水200ccと重曹小さじ2杯入れ、よく混ぜて重曹水を作る

3.電子レンジに2を入れて、2~3分加熱

4.加熱後、電子レンジのドアを開けずに1時間ほど重曹水を放置して冷ます

5.電子レンジの中の重曹水を取り出す

6.重曹水を清潔な布に含ませ、電子レンジの中を拭き掃除する

温まった重曹水は油や焦げ汚れを中和して浮かび上がらせるため、ごしごしこすることなく簡単に汚れを拭き取ることができます。

重曹もクエン酸同様、ドラッグストアや100円ショップなどで手に入ります。電子レンジの掃除は、1週間に1回は行いましょう。

クエン酸と重曹の使い分け

クエン酸はアルカリ性の汚れを、重曹は酸性の汚れを落とすのに有効。キッチン回りの汚れは食品や水分によって発生することがほとんどです。汚れの原因に応じて、クエン酸と重曹を使い分けましょう。

[クエン酸が効くアルカリ性の汚れ]

電気ポット、食洗機、コーヒーメーカーなど。

[重曹が効く酸性の汚れ]

電子レンジ、ガス台回り、換気扇などの油汚れ、冷蔵庫の中など。

おわりに

クエン酸や重曹を使用することにより、強い洗剤を使用することなく安全かつ簡単に掃除することができます。使用頻度の高いキッチン家電は、こまめに掃除をするようにしましょう。

おそうじ応援隊!では、キッチン家電掃除の他にもさまざまなお掃除術をご紹介しています。

ぜひ日々のお掃除にお役立てください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!