思い出の写真を見やすく片付けたい!写真の整理方法&収納方法

写真は、思い出を形に残せる便利なものです。昔を懐かしむために時々眺めたり、お気に入りのものは見えるところに飾ったりしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、デジタルカメラやスマートフォンの写真データと異なり、形あるものは整理や収納をしっかりしないと後々頭を悩ませることになるかもしれません。

そこで今回は、思い出の写真を見やすく片付けるための写真整理方法と収納方法をご紹介します。

写真の整理方法

写真を整理整頓するための第一歩として、まずは家の中にある写真を1ヶ所に集めましょう。

そして、「撮影日時」「撮影された場面」「写っている人物」など、種類別に分けます。「子どもの成長」など、独自のカテゴリーを決めて整理するのもおすすめです。

また、「必要ないと感じる写真」「重要度の高くない写真」「後で見返す頻度が低いと思う写真」なども1つにまとめておきましょう。

7290-00058-2

写真の収納方法

種類別に写真を分けたら、いよいよ収納。おしゃれに、かつ省スペースを実現して収納することが理想です。

写真を収納する方法は、下記のようにたくさんあります。

【1】ポケットアルバム

最も一般的な写真収納方法といえるのではないでしょうか。

透明のポケットにさくさく写真を入れていくだけで簡易フォトアルバムの完成です。

後から探しやすいよう、背表紙に「日付」「場所」「タイトル」を入れておくと便利です。本棚や収納ボックスに入れて簡単に収納できるというメリットがあります。

【2】フリー台紙アルバム

傷めたくない写真や大切な写真を収納するのにおすすめの方法です。

各ページが保護フィルム付きの台紙になっているため高級感があり、思い出の写真を保護することができます。

写真を貼り付け、上から透明のシートを被せるだけで簡単に収納可能です。

写真の他にも、コメントカードや切符、絵などを貼ることで、思い出をより詳しく懐かしむことができる素敵なフォトアルバムになります。

【3】スクラップブックアルバム

より自由度が高く、自分だけのおしゃれな方法で収納したい場合におすすめです。

台紙に直接コメントや絵を書き込むこともできるため、デコレーションの幅は無限大。また、リング式であれば必要に応じてページ数を増やすこともできます。

【4】フォトボックス

手間が一切いらない簡単な収納方法です。

箱に写真をまとめて入れるため、写真の数が多い方でも安心して収納できます。

インデックスを設けて写真の種類ごとに区切っておけば、後から取り出しやすいためおすすめです。

写真をデジタル化

7290-00058-3

写真を整理した際に、「必要ないと感じる写真」「重要度の高くない写真」「後で見返す頻度が低いと思う写真」にカテゴライズされた写真は、どうすれば良いのでしょうか。思い切って断捨離したいものの、写真を捨てることに抵抗を感じる方も多いはずです。

そのような場合は、写真をスキャンし、デジタル化して保管することをおすすめします。

写真は量が増えれば増えるほど、どうしても物理的なスペースが必要になります。しかし、写真をデータとして保管する場合はスペースの心配がいりません。

また、バックアップを取っておけば色褪せることなく半永久的に保管することも可能です。万が一必要になったときにも再度現像することができ、遠く離れた知人や家族にも簡単に送信することができます。

おわりに

思い出の写真が増えれば増えるほど、整理と収納は大切になってきます。

「あのときの写真どこだっけ?」となった場合に、すぐに見つけ出せる状態を作っておきましょう。

おそうじ応援隊!では、この他にもさまざまな整理術・収納術についてのコラムを掲載しています。ぜひ参考にしてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!