【ついで掃除術】トイレの黄ばみや黒ずみを防ごう!簡単トイレ掃除方法

トイレは家の中で最も汚れが溜まりやすい場所の1つです。さまざまな菌やカビが繁殖しやすいため、しっかりと掃除をして常にきれいな状態を保ちましょう。

しかし、いざトイレ掃除をしようと思っても、なかなか楽な作業ではありません。便器にこびり付いた黄ばみや黒ずみは、ごしごしとこすっても取れないことが多々あります。

そこでおすすめしたいのがトイレのついで掃除。ついで掃除を習慣化して、頑固な汚れを溜めないようにしましょう。トイレに入る「ついで」にこまめに軽く掃除をしておけば、汚れが溜まるのを防ぐとともに、きれいな状態を保つことができますよ。

今回は、トイレの黄ばみや黒ずみを防ぐことのできる簡単なトイレ掃除の方法をご紹介します。

【ついで掃除術1】便器回りの手の届く範囲

トイレに入って便座に座ってみてください。その状態で、何が見えどこまで手が伸びるでしょうか?

トイレにおけるついで掃除の第一歩は、便座に座った状態で手の届く範囲内。ペーパーホルダーや棚の上に溜まったホコリを、トイレットペーパーでさっと一拭きしましょう。こまめにホコリを拭き取れば、汚れがこびり付くこともありません。清潔な状態を保つことができるでしょう。

座っている間にささっと拭くだけという数秒程度の掃除のため、負担なく毎日続けられそうですね。

7290-00042-2

【ついで掃除術2】便器の中・外

トイレ掃除において最も厄介なのが、便器の中や外側に発生する黄ばみや黒ずみです。

こうした汚れの正体は、尿石やカビ。こびり付いてしまったら、ごしごしこするか、酸性洗剤などでしっかりと洗うか…どちらにせよ、簡単には落とせません。つまり、黄ばみや黒ずみが発生する前に予防することが重要です。

便器のついで掃除は、用を足し終わった後、流すついでにブラシで軽くこするだけ。毎回実行すれば、黄ばみや黒ずみが発生するのを防ぐことができ、きれいな状態を維持できます。

毎回は面倒だという方は、1日1回やってみてください。おすすめは朝のトイレのとき。朝やるぞと決めてしまえば忘れにくく、習慣化もしやすいはずです。きれいを保ちつつ、ちょっとした目覚めの運動にもなるため一石二鳥ですね。

7290-00042-3

【ついで掃除術3】トイレの床・壁

掃除を忘れがちなのがトイレの床や壁。飛び散った目に見えない尿やホコリで、意外と汚れているはずです。

トイレの床・壁掃除も用を足すついでに行いましょう。汚れていないように見えてもついで掃除をしておくことが大切です。トイレを流す前にトイレットペーパーでホコリをさっと拭き取り、そのままトイレに流してしまえば手間も時間も掛かりません。

尿による汚れを拭き取る場合、トイレットペーパーではすぐにボロボロになってしまう可能性もあるため、水に流せるトイレ用シートを使用するのがおすすめです。

また、スリッパの裏も汚れているため、トイレ用シートを使った掃除の際は、最後にスリッパの裏も拭きましょう。

毎日こまめにトイレの床・壁の掃除をすれば、いつでも清潔感あふれるトイレになるはずです。特に、お子さんがいると便器回りは汚れがち。そのような家族構成の場合は、掃除の頻度を上げても良いかもしれませんね。

おわりに

ついで掃除の基本は、汚れがこびり付く前にささっと気軽に行うことです。

無理をしない範囲でこまめに「ついで掃除術」を実践し、きれいなトイレを保ちましょう。

おそうじ応援隊!では、トイレ以外の場所に関する「ついで掃除術」もご紹介しています。ご家庭内のさまざまな場所をついで掃除で簡単にきれいにできれば、大掃除の際に困ることもありません。ぜひ参考にしてくださいね。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!