【ついで掃除術】浴槽や浴室の壁など、お風呂ついでのお風呂場掃除方法

 

毎日の家事の中でも、お風呂掃除はなかなかの重労働ですよね。体にもかなり負担が掛かるため、できれば手短に済ませたいと感じている方が多いのではないでしょうか。

そのような場合に便利なのが「ついで掃除」です。お風呂に入るついでに済ませられる掃除方法のため、掃除のための時間を取る必要がなく、ささっと終わらせることができます。

今回は、浴槽や浴室の壁など、お風呂ついでの掃除方法をご紹介します。

【ついで掃除術1】浴槽

7290-00040-2

お風呂掃除の中でも一番面倒くさく、また腰などに負担が掛かる浴槽掃除。

汚れを放っておくと浴槽にこびり付いてしまうため、さらに掃除が大変になります。

そこで、浴槽掃除はお風呂に入った後、お湯を抜くついでにしてしまいましょう。

浴槽が温かいうちに掃除することにより、皮脂汚れや石けんカスが取り除きやすいというメリットがあります。冷たい水で掃除するよりも掃除が楽になるでしょう。

浴槽のついで掃除のやり方は、以下の通りです。

1.お風呂に入り終わったら、お湯を抜きながら浴槽の上部をスポンジでこする

2.お湯を抜いている間に体を拭き、服を着ておく

3.お湯を抜き終わったら、残りの底の部分を掃除する

4.泡を流して、最後に水シャワーで浴槽全体を流す

お湯を抜き切る間は、体を拭いたり服を着たりできるため、時間短縮になります。

【ついで掃除術2】浴室の壁・床

浴室の床や壁などにピンクのぬめりが発生したことはありませんか?実は、あれはカビではなく「ロドトルラ」という名の酵母菌です。水分のある場所に付着して増殖するロドトルラはカビと比べて繁殖力が高いため、3、4日足らずで発生して瞬く間に増殖します。

ロドトルラは黒カビと同じ場所・条件で発生するため、いわば黒カビの指針ともいえるものです。つまり、ピンクのぬめりは「放っておくとここに黒カビが生えますよ」と教えてくれていることにもなります。

浴槽の壁・床のついで洗いは、このピンクの汚れを中心に洗いましょう。頭や体を洗い終わった後に汚れている場所を中心にスポンジでこすれば、黒カビの発生を事前に防ぐことができます。浴槽掃除と同じく、最後に水で全体を洗い流してください。

最後に浴室の壁の水滴を拭き取れたらベストですね。

【ついで掃除術3】排水口

排水口は、お風呂場で一番汚れているといっても過言ではない場所。排水口の掃除が一番苦手という方も多いのではないでしょうか。

排水口の主な汚れは髪の毛や石けんカスです。少し放っておくだけでも汚れ・ぬめりが溜まり、簡単には取れないほどこびり付きます。これを防ぐために、こまめなついで掃除を心掛けましょう。

頭と体を洗う延長線上で、排水口の掃除もしてしまいましょう。毎日こまめに汚れを取り除くことによって、汚れが排水口にこびり付く時間を与えず、綺麗な状態をキープできます。

排水口用の掃除道具は、常にお風呂場の手の届く範囲内に置いておきましょう。取り除いた汚れを入れるためのビニール袋も、事前にお風呂場の前にスタンバイしておけばわざわざ袋を取りに行く手間が省けます。

7290-00040-3

お風呂場掃除のポイントは水シャワー

お風呂場を掃除した後は、最後に「水シャワー」で冷やすことが重要です。

ついで掃除のみでも浴室を綺麗に保つことはできますが、最後に水シャワーで浴室の温度を下げることでカビの発生を抑えることができますよ。

疲れていてついで掃除ができなかった場合も、最後に水シャワーをするだけでもある程度の効果を期待できます。

おわりに

お風呂の「ついで掃除」は、カビの発生や汚れの定着を防ぐことができるため、大掃除の際に苦労することもありません。洗面器やお風呂用の椅子なども、余裕があるときにこまめに掃除をすれば水アカ汚れを防ぐことができるはずです。

ついで掃除は習慣化することが大切。ぜひ実践してみてくださいね。

おそうじ応援隊!では、お風呂場以外の「ついで掃除術」についての記事も掲載しています。ご家庭内のさまざまな場所の「ついで掃除術」を覚えることで、日々の掃除はぐっと楽になりますよ。ぜひ参考にしてください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!