【ついで掃除術】シンクやコンロなど、料理中にできるキッチン掃除方法

の時間がなかなか取れず、ついつい先延ばしにしてしまう…」という方は多いのではないでしょうか。そんな方には、何か別のことをしながら合間にさっと掃除をする「ついで掃除術」がおすすめです。

今回は、シンクやコンロなど、料理中にできるキッチン掃除方法をご紹介します。

料理中にできるキッチン掃除の方法

料理中にキッチンを掃除するためには、時間を掛けずにさっと掃除することが大切です。

キッチン周辺の汚れは、熱が冷めたときや濡れた状態から自然乾燥するときにこびり付きやすくなります。そのため、できるだけ熱を持っているうちに掃除して、水気は乾く前に拭き取ることを心掛けましょう。

野菜を切ったり、焦げないように炒めたりしている間はあまり暇がありませんが、煮物などを作っているときや電子レンジを使用している間は待ち時間が生まれます。空いた時間をちょっとした掃除に活用しましょう。

ついで掃除を習慣化させることによって、常にキッチンをきれいに保つことができますよ。

【ついで掃除術1】シンク

7290-00034-2

排水口周りのぬめりや臭いが気になりがちなシンクの汚れですが、こまめについで掃除をすることできれいに保つことができます。

シンクは、料理の後の洗い物ついでに掃除してしまいましょう。食器用のスポンジとは別に、掃除用のスポンジや歯ブラシなどを常にシンクに置いておくことで、気軽に掃除に取り掛かることができます。

シンク掃除をさっと行った後は、水アカのこびり付きを防ぐために水気を拭き取りましょう。

【ついで掃除術2】コンロ

コンロ周辺は、油や汁が飛び散るため非常に汚れやすい場所です。しかし、その頑固な汚れも一度の料理で付くわけではありません。目に見えないほどの小さな汚れが蓄積された結果、取り除きにくくなってしまうのです。

コンロのついで掃除術としておすすめしたいのが、キッチンを使用するたびにコンロ周辺をさっと一拭きすること。料理中に飛び散った汚れも、熱いうちであれば湿らせた布で簡単に拭き取ることができますよ。

コンロ周辺のついで掃除を習慣化させることで、頑固な油汚れを防ぐことが可能。大掃除で大変な思いをすることもなくなるはずです。

【ついで掃除術3】電子レンジ

7290-00034-3

電子レンジも、使用したらその都度簡単に拭き掃除を行うことをおすすめします。レンジ内の温度が高いうちは汚れが落ちやすいためです。湯気が立っている場合は、乾いた布で拭き取るだけで十分効果があります。

電子レンジを拭き取るために布を持った延長線上で、さらにキッチン棚の扉の取手や壁、キッチンに残った水滴なども、さっと拭き取りましょう。

【ついで掃除術4】キッチンの床

キッチンの床には、切った野菜のくずや調味料、調理の際に飛び散った油や汁、日常的なホコリやゴミが蓄積されています。

料理中のちょっとした時間で、床掃除もしてしまいましょう。ポイントは、キッチンからすぐ手の届くところに床掃除グッズを置いておくことです。

立ったまま使用できる掃除道具であれば、さらに気軽についで掃除をすることができますよね。

おわりに

料理中にキッチン掃除をするコツは、時間を掛けずにさっと行うことです。そのためには、掃除道具を手の届く範囲に置いて、調理や食器洗いの延長線上で掃除することを心掛けましょう。

ついで掃除を習慣化させることによって、頑固な汚れを防止することができ、本腰を入れた掃除が楽になります。

おそうじ応援隊!では、この他にもご家庭の掃除に役立つさまざまなコラムを掲載しています。ぜひ参考にしてくださいね。

また、キッチンにどうしても落としきれない頑固な汚れがある場合は、プロのハウスクリーニングサービスにお任せください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!