【整理・収納の基本】片付けができない人必見!整理整頓と収納の基本

部屋をきれいに片付けたいけれど、整理整頓や収納が苦手という方は多いと思います。いざ片付けを始めようとしても、何から手をつければ良いのか分からないこともありますよね。

そこで今回は、整理整頓と収納の基本についてご紹介します。

不要な物を捨てる

7290-00060-2

整理整頓とは、「不要な物を捨てて、必要な物を使いやすい場所に置くこと」です。言葉の並び順の通り、整理してから整頓しなければうまく進めることができません。

まずは、どれを残し、どれを処分するかを判断し、物を減らすことから始めましょう。

部屋の中にある物を「必要な物」と「不要な物」に分けるために、クローゼットや引き出しに入っている物をすべて外に出してください。全体が見える状態にしてから1つずつ判別していきます。不要と判断した物はそのままゴミ袋に入れましょう。

しかし、中には捨てるかどうか迷う物も出てくると思います。

そのようなときのために、ダンボールなどで「保留ボックス」を作っておきましょう。迷った物は取りあえず保留ボックスに入れておけば、迷う時間を省くことが可能です。

保留ボックスで保管した物は、1週間後に見直してください。冷却期間を設けることによって、冷静に見極めることができますよ。

また、たまりがちな衣類もシーズン中に着なかったものは処分することをおすすめします。「いつか着るかもしれない…」と思っていても、服の流行はすぐに変わってしまいます。シーズン中に着なかった服は、1年を通して必要がなかったということです。来年以降も着る可能性は低いため、思い切って処分しましょう。

物の定位置を決める

物の仕分けが済んだら、次に必要な物をクローゼットや棚に収納していきます。その際、物の定位置を決めておくと、使った後も定位置に戻すだけになるため整理された状態を保ちやすくなります。

物の定位置は、使用頻度に合わせて決めることが大切です。

例えば、使用頻度の高い物はいつでも取り出せるように使いやすい収納スペースに入れてください。使いたいときに目的の物が離れた場所に収納されていると、定位置に戻すことが面倒になってしまいます。取り出しやすく、戻しやすい場所が定位置としてベストです。

また、すぐに使うからといって、床に物を置いている方はいませんか?床に物があると部屋が雑多な印象になり、掃除自体が面倒になってしまいます。床に物を置く習慣が身に付いている方は注意しましょう。

収納スペースに余裕を持たせる

7290-00060-3

物をきれいに収納できたとしても、クローゼットの中に物をパンパンに入れては新しい物を入れられません。そのため、収納スペースは常に余裕を持たせるよう心掛けてください。

収納スペースに物を入れるのは8割までに留め、2割を目安に空きスペースを残しておくと良いでしょう。

例えば、初めからクローゼットの中のハンガーの数を決めておいてはいかがでしょうか。ハンガーの数を決めておけば、服の数を簡単にコントロールすることが可能です。

また、「1着買ったら1着捨てる」というルールを決めても良いでしょう。服を処分する1つの基準となるためおすすめです。

おわりに

せっかく部屋をきれいに片付けたとしても、すぐに散らかってしまっては意味がありません。きれいな状態を維持するために、「不要な物は迷わず処分する」「使った物は定位置に戻す」ということを意識してください。

また、定期的に整理整頓することも大切です。「1日5分は整理整頓する」と自分でルールを作ると、部屋を常にきれいな状態に保つことができるでしょう。

「おそうじ応援隊!」では、収納やお掃除に関するさまざまなコラムを配信しています。ご家庭で役立つ情報が満載のコラムを、ぜひご覧ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!