散らばりがちな重要書類や手紙を上手に整理整頓&収納する方法

書類や手紙などの紙物は収納が難しく、何かと散らばりがちですよね。

後で読もうと思って、机の上にそのまま置きっぱなしにしているものはありませんか?きちんと整理整頓しないと、重要な書類が埋もれてしまう恐れがあります。使いたいときにすぐ取り出せるように、収納のポイントを押さえておきましょう。

今回は、散らばりがちな重要書類や手紙を上手に整理整頓、収納する方法についてご紹介します。

一時置きボックスを設置する

7290-00055-2

手紙をはじめ、公共料金などの各種払込用紙、学校のお知らせなどの書類は、手元に届いたタイミングですぐに読めるとは限りません。しかし、机の上にそのまま置いておくと書類はどんどんたまっていき、必要な書類と不要な書類が混ざってしまうことも。

そこで、手紙や重要書類を行方不明にさせないためにも、一時置きボックスの設置をおすすめします。

まずは家中に散らばっている書類や手紙を集め、一時置きボックスに入れましょう。また、手紙や書類が手元に届いたらすぐにボックスに入れる癖をつけてください。

ボックスに入れる際に「必要・不要」を判断することによって、不要な手紙や書類をすぐに処分することができます。

後で一括整理できるように、まずは一時置きボックスに入れてまとめておきましょう。

一時置きボックスは設置する場所も重要です。手元に届いたらすぐに入れられるように、目につきやすい場所を選んでください。

また、郵便物が多い場合はボックスを複数設置しても良いでしょう。「家族宛て」「請求書」「学校関係」など、ざっくり分けておくと後々収納する際に便利です。

保管期間とルールを決める

7290-00055-3

一時置きボックスに入れる習慣が身に付いても、定期的に整理しなければボックスの中はすぐにいっぱいになってしまいます。書類や手紙をためたまま放置しないためにも、一時置きボックスの中を空にする日を決めてください。

ボックスの見直しを忘れないように、ボックスの外側に保管期間を明記しておくと良いでしょう。

お子さんがいる家庭では、家族間でルールを決めておくことをおすすめします。

例えば、学校から持ち帰ったプリントを入れる場所を用意しておけば、出し忘れや見忘れを防ぐことができます。

また、学校に提出するプリントを入れる場所を作っても良いでしょう。

散らばりがちな学校関係の書類も、家族間でルールを決めておけばすっきり整理することが可能です。

重要書類や手紙を収納する方法

確認済みの書類や手紙はカテゴリー分けをしてクリアブックに収納しましょう。学校関係や支払い関係など、カテゴリーそれぞれのクリアブックを用意してください。

サイズやメーカーをそろえると、見た目に統一感が出るためおすすめですよ。

クリアブックの中は、何が収納されているのかひと目で分かるようにこまかくラベリングしてください。その際、同じ種類の書類をセットにラベリングすると見やすくなります。

例えば源泉徴収票などの重要書類は、給与明細と一緒に保管しておくと確定申告を行う際に便利です。

また、大切な手紙は封筒から出して読みやすい状態のままクリアブックに入れるようにしましょう。封筒は便箋の後ろにホチキスなどで留めておけば、簡単にクリアブックに収納することができます。

友人や家族、職場関係などでラベリングしておけば、読みたい手紙をすぐに探すことができます。

おわりに

散らばりがちな書類や手紙を整理整頓する場合、整理する流れを作ることが大切です。手元に届いた書類や手紙はまず一時置きボックスに保管して、部屋の中に紙類が散乱しないようにしましょう。その後カテゴリー別にファイリングしてこまかくラベリングしておけば、家族の誰が見ても分かりやすい収納を実現することが可能です。

「おそうじ応援隊!」では、収納や掃除に関するさまざまなコラムを配信中です。ぜひ、他のコラムもご覧ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!