おうちのキレイを持続させるたった3つの習慣

はじめに

なぜあの人の家はいつも片付いているの?
なぜうちはすぐに散らかってしまうの?
そんな疑問を持って、収納術の本を買い漁ったことがある方…いらっしゃいますよね?
そんな方に、無理せずキレイにおうちが片付く3つの習慣をお伝えします。
難しい作業や準備は一切不要です。

では、はじめましょう!

1.ものの定位置を決めておく

家2ものが散らかる最大の原因は、定位置がないためです。
とりあえずここに置いておこう…といった、待機場所ばかりが増えてしまうと、いざ必要となった際にすぐに取り出すことができず、不要な買い足しをすることになってしまいがちです。
また、定位置を決めてあげるだけで、掃除が驚くほどはかどります。
まずは以下の2つのものに対して、定位置を決めてあげましょう。

  • 新聞紙・雑誌・郵便物など、蓄積されていくもの
  • 洗剤・プリンターのインク・調味料などの消耗品

定位置を決める際に重要なことは、動線と期限です。

例えば手紙の場合。

郵便受けから人の手に渡り、内容の確認をされます。その後は捨てられるか、永久に保管されるか、一定の期間まで保管されます。一定の期間というのは、待ち合わせの情報やセール情報が書かれた案内状などを、イベント終了時まで保管する場合のことです。

クーポンつきのチラシなどでも、期限を過ぎたものがいつまでも保管されている…なんてこと、よくありますよね?
そのような方は、受取→確認→破棄の動線を見直しましょう。動線が乱れていると、整理整頓の妨げになります。
そのうえで、確認→破棄の書類を期限管理できるように、カレンダーや付箋を有効活用してみてください。
ゴミをためない習慣が身に付くはずです。

2.消耗品の周期を知る

消耗品がどれくらいの周期で無くなるのかを知ることも、無駄なストックを減らすポイントです。
始め方はシンプルです。消耗品に、開封した日付を書いておくだけです。
たったそれだけ?と思った方も、一度試してみてください。
何度か繰り返すうちに、自然と使用頻度や買い足しのリズムを把握できるようになりますよ。
可能であれば、カレンダーや手帳に周期をメモしておくのも有効です。
さらに、携帯電話のカレンダーのアラーム機能とネットショッピングを併用すれば、よりスマートな管理ができます。

また、セールのまとめ買いなどで得した気分になっていても、使用頻度の低いものの場合は、そのつど最新の商品を買い足す方が便利だったりするものです。

3.無理をしない

握手さて、3つめの習慣です。

ここまでは、ものの取り扱い方についての説明でしたが、3つめの習慣は心の取り扱い方についてご説明いたしましょう。
キレイを保つために、最も大事な心がけは、「一人で掃除をしようと思わない」ことです。
特に、一人暮らしではない世帯の場合は、協力を要請し、負担を分散させましょう。
そして時には掃除の業者など、外にも助けを求めましょう。

そして次に大事な心がけは、「手を抜くことを悪いと思わない」ことです。
もちろん、毎日コツコツお掃除ができれば一番良いのですが、どうしても忙しいときは、無理せずさぼってみてはいかがでしょうか?

「やらなければいけない」
と考えてしまうと、段々やる気が無くなってしまいます。

「やってもやらなくてもいいけど、キレイだと気持ちがいい」
くらいに考えてみてください。

そんな時のために、私たちがいます。

おそうじ応援隊!では、部分的なお掃除から、おうち全体のお掃除まで承っております。

例えば……

「今月はお風呂のお掃除が一度もできなかったから、カビが生えちゃった。時間のかかるお風呂掃除だけはプロに頼んで、その間に他の場所のお掃除をがんばろう!」
といった使い方をしてみてください。きっと満足していただけます。

まとめ

キレイを持続させるための習慣は、以下の3つだけです。

  1. ものの定位置を決めておく
  2. 消耗品の周期を知る
  3. 無理をしない

ある研究結果によると、習慣が身に付くようになるには、3週間ほど持続させなければならないそうです。
しかし、上記で述べたように「やらなければいけない」とは考えず、気楽に、できることから始めてみてくださいね。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!