アクセサリーにつく汚れ・緑青とは?緑青の原因や落とし方を知っておこう

アンティーク風のアクセサリーが好きな方は多いと思いますが、久しぶりに取り出した際に緑がかった汚れがついていた経験はないでしょうか。それは緑青(ろくしょう)というサビの1種です。

素敵なアクセサリーが汚れて出番を失ってはもったいないですよね。しかし、緑青ができる原因を知れば対策することができます。

今回は、アクセサリーにつく緑青の原因と落とし方をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

緑青の特徴と原因

7290-00046-2

アンティーク風の真鍮や銅のアクセサリーにつく緑青は、金属が酸素に触れて化学反応を起こしてできる物質です。アクセサリーの場合は汗に含まれる酸と反応することによって発生します。

せっかくのアクセサリーが緑青で汚れてしまってはもったいないものです。しかし、適切に緑青を落として保存すれば、また緑青が発生するのを防ぐこともできます。

「汚いから触りたくない」あるいは「体に悪いのではないか」と考える方がいるかもしれませんが、緑青は指で触っても石けんで洗えば簡単に落とせます。

しかし、緑青はケアが遅れた場合どんどん増えて広がってしまいます。緑青が増えすぎてアクセサリーが使いものにならなくなってしまう前に、適切なお手入れを行いましょう。

緑青の落とし方

緑青は、早い段階であれば綿棒でこするだけできれいに落とすことができます。しかしその際、洋服などの布製品につくと色移りするため気をつけてください。

また、緑青は水に溶けないため、水拭きはあまり効果がありません。濡れることで新たなサビの原因になってしまうため、必ず乾いた布で拭きましょう。

しかし、こびりついた頑固な緑青は綿棒でこするだけでは落とせません。この場合は、以下の2つの方法を実践しましょう。どちらも身近なものを使って簡単にできるため、ぜひ試してみてください。

重曹を使った方法

こびりついた緑青に重曹ペースト(重曹2:水1)をつけ、乾いた柔らかい布で拭きましょう。メガネクリーナーで拭くときれいになりますよ。

酢と塩を使った方法

酢と塩を1:1で混ぜた液体を作り、その液体に緑青のついたアクセサリーを浸しましょう。すると緑青が落ち始めます。頃合いを見て取り出し、石けんで丁寧に洗います。その後乾いた柔らかい布で拭いてください。

酢を使った方法は、やりすぎると金属や装飾を傷めることがあります。十分に注意し、液体に浸しすぎないようにしましょう。また、スワロフスキーなど酢に反応する飾りがついているものの場合、この方法は避けてください。

緑青を防ぐ方法

7290-00046-3

肌から外してそのまま保管した場合、汗と反応して緑青が発生してしまいます。緑青を防ぐためには、真鍮や銅のアクセサリーは使用後水洗いで汗を流し、その水気をしっかり拭いた後に保管しましょう。

保管する際は、小さめの保存バッグなど、密封容器に入れるのがおすすめです。緑青が発生しにくくなりますよ。アクセサリーごとに収納すれば、中身が見えるため選びやすく、保存バッグ内の空気を抜くことで酸化を防ぐこともできます。

アクセサリーはほったらかしにしておかず、丁寧に保管するよう心掛けましょう。

おわりに

真鍮や銅でできたアクセサリーを購入した場合は、緑青に十分な注意が必要です。アクセサリーについた汗はしっかり流し、できるだけ空気に触れないよう大切に保管しましょう。面倒だと思うかもしれませんが、ちょっとした手間を掛けるだけで素敵なアクセサリーを長く楽しむことができますよ。

「おそうじ応援隊!」では、ご自宅の掃除からアクセサリーなどのこまごました掃除、お手入れなど、バラエティに富んだお掃除コラムをご紹介しています。ご家庭での掃除に役立つヒントとしてぜひご活用ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!