鏡のウロコ取り、良い方法は?すぐにできる鏡の掃除方法

浴室にある鏡の掃除をサボってしまい、がさがさしたウロコのような跡が残ってしまった…ということはありませんか?

鏡のウロコはただこするだけでは落とせず、お風呂用の洗剤を使用してもなかなか落ちません。お悩みの方も多いことでしょう。

そこで今回は、鏡のウロコを落とす掃除方法をご紹介します。なかなか鏡のウロコが落ちないと今まで苦労していた方は、ぜひ参考にしてください。

鏡にウロコ汚れができる原因

浴室の鏡にできるウロコ状の汚れは、水道水に含まれるカルキやカルシウムが固まった物質です。

鏡に水が残ったまま放置することでウロコのようになってしまいます。特に、鏡の枠の辺りには何層にもわたったウロコ状の汚れが残りやすいのです。

このウロコ汚れの原因は水だけではありません。浴室の湯気に含まれる物質もウロコ汚れの原因になります。蒸発する際に鏡についたものが固まり、それを繰り返すことで頑固な汚れができるのです。

鏡用の研磨布を使用する

7290-00041-2

一度できてしまったウロコ汚れは簡単には取れません。鏡を磨いてウロコ汚れを剥がす必要があります。

ただし、他の場所と異なり、雑巾では鏡に繊維が残り、新たなウロコの原因になるため使用はおすすめできません。

鏡を磨く場合は、ダイヤモンドの成分が入った研磨布やスポンジがおすすめです。最近ではホームセンターや100円ショップでも販売されているため、手軽に購入することができますよ。研磨布を使用して鏡を磨くことで、ウロコ汚れが落ちやすくなります。

しかし、曇り止め加工がしてある鏡に使用すると表面のコーティングが剥がれる恐れがあります。曇り止め加工済みの鏡には、ダイヤモンド成分が入った研磨布やスポンジの使用は控えましょう。

アルカリ性のウロコ汚れには酸性洗剤が効果的

7290-00041-3

こびりついたウロコ汚れを取るためには根気も必要です。研磨布を使っても、何層にも重なった汚れを1回で拭き取ることは難しいことがあるためです。

ウロコ汚れの正体であるカルキやカルシウムは、アルカリ性の物質です。アルカリ性のウロコ汚れを分解して徐々に落としていくためには、酸性洗剤が効果的です。

多くの家庭で使用されているトイレ洗剤は酸性のものが多いため、鏡のウロコ取りに使用することができます。使用の際は十分に換気し、ゴム手袋を着用しましょう。

鏡を磨く際に使用するスポンジは、きめの細かいものが適しています。タワシなどの固くて粗いものではなく、メラミンスポンジを使用しましょう。このときも、磨きすぎて鏡に傷をつけないように注意してください。

鏡のウロコ汚れを予防する方法

がんばって掃除してもすぐにできてしまう鏡のウロコ汚れを防止するには、浴室に水滴や蒸気を残さないことが重要です。

完璧に水滴や蒸気をなくすことはなかなかできませんが、風呂上がりにはできるだけしっかりと水切りをしましょう。雑巾だと雑菌が残る可能性があるため、ゴム製のハンドワイパーを使用するのがおすすめです。きれいに掃除したピカピカの鏡を保つためには、鏡用のワックスや自動車用のワックスを使用するのも有効な手段です。

おわりに

顔が映らないほどウロコ汚れができてしまった浴室の鏡は、どれほど浴室を掃除していても不衛生な印象を与えてしまいますよね。しかし、頑固な浴室の鏡のウロコ汚れを落とすのは予想以上の重労働です。今回ご紹介した方法で少しずつウロコ汚れを落とし、さらにウロコ汚れ予防のために換気や水切りも行いましょう。

「おそうじ応援隊!」では、鏡のウロコ落とし以外にも生活に役立つさまざまなお掃除コラムをご紹介しています。ご家庭での掃除に役立つヒントとして、ぜひご活用ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!