シンクの水垢には酢・クエン酸・重曹がおすすめ!シンクの掃除方法

食事を作るたびに汚れてしまうキッチンのシンク周り。キッチンをはじめとした水回り掃除は大変ですが、清潔さを保つためにはさぼることのできない家事の1つです。しかし、洗いもののたびにがんばって水拭きしていても、年月が経つと水垢のあとが気になってくることもありますよね。

そこで今回は、酢やクエン酸・重曹を活用したシンクの掃除方法をご紹介します。

シンクの掃除には重曹・酢・クエン酸が最適!

シンクは口にするものを扱う場所のため、いつも注意深くきれいにしている方も多いでしょう。

しかし、気付かないうちに水垢がついてしまうこともあります。どうしても水垢が気になるという場合は、空いた時間にシンク周りを集中して掃除しましょう。

シンク掃除の際には、手肌を痛める原因になる強いアルカリ性の洗剤を使うのではなく、酢・クエン酸・重曹を使用した安全な方法をおすすめします。

これらのアイテムは通常の洗剤よりも身体にやさしく、健康に悪影響を与えにくいという特徴があります。それでも手荒れが気になる方は、ゴム手袋を着けて掃除すると良いでしょう。

重曹でシンク全体を掃除する

7290-00035-3

全体的な汚れや水垢には重曹が効果的です。重曹は100円ショップのキッチン掃除コーナーでも手に入るお手軽な掃除アイテム。すでに油汚れの掃除に使っている方も多いと思いますが、水垢の掃除にも使えます。

まずはメラミンスポンジを用意し、重曹をつけて全体を磨くようにこすります。その後は水をかけて流しましょう。これが基本の掃除方法です。

この方法で大抵の汚れと水垢を取ることができます。時間をかけずに掃除できるため、毎日の掃除にも便利な手段です。

しつこい水垢には酢を

7290-00035-2

重曹掃除では落としきれない水垢もあります。うろこ状になった水垢や、蛇口についた水滴による水垢などは、しつこくてなかなか落とせないやっかいな汚れです。

このような水垢には、先ほどの重曹掃除に加えて酢を使うと効果的です。酢の匂いが苦手な方もいると思うため、毎日というよりはここぞというときに使用しましょう。

掃除の方法は簡単です。まず、シンク全体に水で薄めた酢をスプレーします。水垢の部分にはしっかりと吹きかけ、水垢がひどい箇所には酢をかけたキッチンペーパーにラップを被せてパックしましょう。そのまま30分ほど放置して汚れを浮かせた後は、メラミンスポンジでこすってお湯をかけてから流します。細かい部分は綿棒を使うと作業しやすく、水垢がすっきり落ちますよ。

最後はクエン酸プールでピカピカに

毎日気をつけて掃除をしている方でも、年月が経つとシンクが曇りがちになることも。シンク掃除をしてもきれいになった実感が持てない方には、クエン酸プールという掃除方法がおすすめです。

クエン酸は、しっかり溶かすことによりシンク全体の汚れに効果を発揮するアイテムです。クエン酸プールの仕方は簡単。まずクエン酸をシンク全体にまき、排水口に栓をしてお湯を溜めます。しっかり上部までお湯を溜めたら、そのまま放置しましょう。お湯が冷めたら水を抜き、メラミンスポンジでこすってください。水垢による曇りが取れ、ピカピカになります。

なお、大理石を使用しているキッチンの場合はクエン酸が大理石につかないように注意しましょう。クエン酸は大理石を溶かしてしまいます。

おわりに

キッチン掃除によく使用される重曹だけでなく、酢やクエン酸といった酸性のものも使用することで水垢をきれいに落とすことができます。誰に見られても自信が持てるピカピカのシンクを保ちたい方は、ぜひ今回の掃除方法を試してみてください。

「おそうじ応援隊!」では、シンク掃除の他にもさまざまなお掃除コラムをご紹介しています。ご家庭での掃除に役立つヒントとしてご活用ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!