ドレープ・レースカーテン周りをきれいにする洗濯・掃除・お手入れ方法

部屋のカーテンは手垢やホコリ、タバコのヤニなどが付着しやすく、とても汚れやすいものです。しかし、カーテンを正しい方法で小まめにお手入れしている方は少ないのではないでしょうか。

そこでここでは、ドレープカーテンとレースカーテン周りをきれいにするための、洗濯や掃除、お手入れ方法をご紹介します。

普段のお手入れと掃除方法

7290-00017-2

部屋の窓辺につるされたカーテンは面積が大きくホコリなどを吸収しやすいため、小まめにお手入れをしないとハウスダストアレルギーを引き起こす原因になります。

日頃から部屋の掃除をするときは、ハタキや掃除機を使用してカーテンのホコリも落としましょう。掃除機はホコリ取りやブラシなどのノズルを取り付けて吸引力を調整するなど、生地を傷めないように注意してください。

特に注意して扱いたいのはヒダの部分。ホコリが溜まりやすいため、丁寧にブラッシングしましょう。

また、カーテンレールや窓ガラスの汚れもカーテンに移りやすく、結露などでホコリやゴミが水分を含んでカビが発生しやすくなります。カーテン周りの掃除も合わせて行いましょう。

もし口紅やジュースなどの汚れが付いてしまったときは、すぐに拭き取ります。落ちにくい汚れは広げないように注意しつつ、中性洗剤を含ませた布でつまんだり上から叩いたりして落としましょう。このとき、中性洗剤以外のものでは生地が変色する可能性があるため、漂白剤や消毒液、台所用洗剤は使用しないでください。

カーテンの洗濯方法

7290-00017-3

カーテンに付いたタバコのヤニやキッチンの煙による汚れは、時間が経つほど落ちにくくなるだけでなく、長い間放置すると繊維が劣化して穴が開くこともあります。そのためドレープカーテンは年に1回、レースカーテンは年に2~3回を目安に、適度に洗濯するのがおすすめです。

最近ではほとんどのカーテンを家庭用洗濯機で洗うことができますが、カーテンに付いている「繊維製品取り扱い絵表示」を事前に必ず確認しましょう。1度に洗う枚数は1~2枚に抑えます。

洗濯機で水洗いする場合は、フックを取り外してホコリをよく落としてからカーテンのヒダをそろえて畳み、さらに2つ折りにします。水量は最大、水流は弱を基本として設定し、繊細なデザインのドレープカーテンや編みレースの生地の場合はネットに入れてから洗ってください。

40℃以下のぬるま湯で、洗剤はデリケートなものに適した衣類用の中性洗剤を使用します。手洗いの場合は30℃以下の水で押し洗いを。もみ洗いはシワの原因になるので避けましょう。

汚れがひどい場合は50~60℃以下のお湯に30分~1時間ほど漬けておいてから、洗濯機や手洗いで同様に洗うと効果的です。すすいだ後はきれいに畳み直し、できるだけ短時間で脱水します。

洗濯後の乾燥方法

洗濯したカーテンは、フックで元のカーテンレールにつり干しして自然乾燥させるのがベストです。乾燥機の使用は、生地が変質したり縮んだりする原因になるため避けてください。乾燥前のカーテンは水分を含んでかなり重くなっているため、カーテンレールにぐらつきがないかなどを確認してからつるします。屋内で干す場合は、水滴が落ちても良いようにビニールシートを床に敷き、カーテンを手で軽く引っ張ったり全体を叩いたりしながらシワを伸ばしましょう。屋外で干すときは必ず陰干しにしてください。

おわりに

ここでは、ドレープカーテンとレースカーテンの洗濯や掃除、お手入れの方法をご紹介しました。カーテンは大きいため小まめに洗濯するのは大変ですが、部屋につるしたままだとホコリやダニなどで汚れるだけでなく、生地が弱くなってしまいます。長く使用するためには、日頃の丁寧な取り扱いが大切なのです。お気に入りのカーテンをきれいに保ちながら長く愛用するためにも、正しいお手入れ方法を実践しましょう。

なお「おそうじ応援隊!」では、普段の掃除などに役立つ情報が盛りだくさんです。他のコラムも併せてぜひお読みください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!