身の回りのもので静電気を防止しましょう

恐怖のパチパチ!

恐怖のパチパチ…それは、静電気。

ドアノブでパチッ!満員電車でパチパチッ!

空気が乾燥する秋から冬にかけて、接触の恐怖におののく方も多いのではないでしょうか?
静電気は、来るとわかっていても、やはり痛いし怖いものです。
そこで今回は、身の回りにあるもので、静電気を事前に防止する方法をご紹介します。

まずは定番

鍵金属に触る前に、手のひらを広げて、壁や地面にベタッと触れてみてください。
指先(点)ではなく、手のひら(面)で触れることで、体内の電気をすばやく放電し、静電気が起きにくくなります。材質はガラスより、木や土、コンクリートが放電しやすいので探してみてください。

湿度を上げましょう

観葉植物静電気の最大の原因は、乾燥による摩擦です。
多くの場合は、乾燥した手のひらが摩擦により帯電し、バチバチと静電気を放ちます。
ですので、まずはお部屋の湿度を上げて、静電気が発生しにくい状態にしましょう。

加湿器が無い方は、観葉植物に霧吹きで水やりをする・水拭き掃除をする・こまめにお湯を沸かす、などで加湿ができます。暖かいお鍋を囲むのも良いですね。

とはいえ、あまり湿度が高いとカビの原因や食品の腐敗にも繋がります。
60%くらいの湿度を目安にしてください。
洗濯物の部屋干しでも湿度が上がりますが、雑菌の繁殖などで不衛生にならないように気をつけましょう。

外出時は、ハンドクリームで保湿をしましょう。

洗濯乾燥機にアルミホイル!?

タオル冬になるにつれ、日照時間が短くなります。
空気は乾燥しているけど、洗濯物が乾きにくい…。
そんな時には洗濯乾燥機の出番が増えますね。
しかし、やっかいなのが衣類の静電気です。

これを防止するためには、アルミホイルを硬めに丸めてこぶし大のボールにします。
それを洗濯乾燥機へ、衣類と一緒に放り込むだけです。
電気を通しやすいアルミホイルが、衣類の静電気を空気中へ逃がしてくれるのです。
アルミホイルが破れて衣類に付着しないように、硬めに丸めるのがポイントです。

あえて金属を触る!

静電気の被害に会う前に、あえて金属を触ってしまうという手もあります。

例えば500円硬貨や鍵など、少し大きめの金属片をポケットに入れておき、静電気が起こりそうな箇所を触る前に、それをギュッと握ります。先に金属片で放電しておくことで、その後に触れたものに対しては静電気が起きにくくなるのです。

まとめ

自宅でできる対策

  • 湿度を60%位に保つ
  • 洗濯乾燥機にアルミボールを入れる

外出時の対策

  • ハンドクリームを塗る
  • 手のひらで放電する
  • 金属片を握って放電する

いかがでしたか?少しの工夫で、驚くほど効果があります。ぜひお試しくださいね。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!