食器棚・パントリーをもっと使いやすく!食器&キッチンアイテム収納アイデア

キッチンアイテムや食料を収納する食器棚やパントリーは、キッチンをすっきり見せるために欠かすことができません。

しかし、キッチンアイテムはサイズがバラバラで、置き方を考えないとなかなかきれいに収納できませんよね。うまく収納できずに食器棚やパントリーがゴチャゴチャしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

収納方法をちょっと工夫するだけでも、食器棚やパントリーは使いやすくなります。

今回は、食器やキッチンアイテムの収納アイデアをご紹介します。

食器を置く場所を工夫する

7290-00028-2

食器を置く場所を工夫すると、食器棚は使いやすく、見た目もすっきりとした印象に。まずは、食器を収納するポイントをご紹介します。

食器棚を収納する前に、まずは入っている食器をすべて取り出し、使用頻度の高いものとそうでないものとに分けてください。

使用頻度の高い食器は、腰から肩くらいの一番取り出しやすい高さに収納すると良いでしょう。食器を重ね過ぎると取り出しにくくなるため注意が必要です。

また、グラスなどの軽いものは上段に、大皿などの重くて大きいものは下段に収納すると、取り出す際の負担を軽減できます。小さなお子さんがいるご家庭であれば、お子さん用の食器を下段に収納しておいて、食器を出す際にお子さんにお手伝いをしてもらっても良いでしょう。

収納ボックスですっきりと収納する

備蓄用の食料やキッチンアイテムをたくさん収納できるパントリー。すぐに収納できて使い勝手が良い反面、収納が乱雑になりがちです。

パントリーの収納をすっきりさせるには、100円ショップや雑貨屋で売られている収納ボックスが役に立ちます。缶詰やペットボトル、食器など、カテゴリーで分類してそれぞれボックスに収納しましょう。

半透明のファイルケースに小物や小さな食器を入れれば、はっきりと分類できる上、中身も確認しやすく一石二鳥です。

食器が大きくて横にして置けない場合は、ディッシュスタンドで縦に収納しましょう。ディッシュスタンドが見つからない場合はブックススタンドを代用することもできます。

収納にボックスやケースなどを使用する場合は、色をそろえると統一感のあるすっきりとした印象になります。さらに、マスキングテープなどを貼ってボックスの内容賞味期限などについて書いておけば、さらに分別がしやすくなるでしょう。

デッドスペースを有効活用しよう

7290-00028-3

ゴチャゴチャしやすく、何かとスペースを取るキッチンアイテム。食器棚やパントリーのデッドスペースをうまく利用して収納しましょう。

例えば、食器棚やパントリーの扉裏のスペースも収納に利用することができます。ワイヤーネットを扉の裏に貼り付け、S字フックを掛けてキッチンアイテムをつるしましょう。

お玉やキッチンバサミ、トングなど、かさばりがちなキッチンアイテムは、つるして収納することによって効率良く収納できます。

棚の中で縦のスペースが余っている場合は、棚板を追加して食器を置く段を増やしてください。

おわりに

食器棚やパントリーを使いやすくするためには、ものを置く場所を工夫し、収納グッズを効果的に利用することが大切です。デッドスペースも有効活用し、使いやすく見た目にもきれいなスペースを作りましょう。

しかし、せっかく食器棚やパントリーをすっきりさせても、キッチン全体の汚れが目立っていては清潔感が失われてしまいます。整理整頓だけではなく、キッチン掃除もこまめに行いましょう。

もし換気扇やコンロの汚れにまで手が回らない場合は、便利で安心、高品質なサービスを提供しているおそうじ応援隊!にぜひご相談ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!