窓掃除は新聞紙やラップなど、家にあるものでOK!簡単な窓掃除方法

普段の掃除で、窓掃除を集中的に行うという方は少数派かもしれません。実際、年末の大掃除くらいでしか手を付けないというご家庭が多いと思います。

その理由は、窓掃除を大掛かりで手間のかかる掃除と捉えているためではないでしょうか。しかし、難しいと思われがちな窓掃除も、新聞紙やラップなど、家にあるもので簡単に行うことができます。

今回は、簡単な窓の掃除方法をご紹介します。

窓の汚れはどんな汚れ?

掃除を行う前に、窓の汚れがどのような汚れなのかを理解しましょう。

窓に付く汚れの場合、窓の外側と内側で汚れの原因が異なります。

窓の外側

砂・土ぼこり、花粉、黄砂、排気ガスのすす、など。

窓の内側

手垢、キッチンから来る油を含んだ水蒸気、カビ、室内のほこり、タバコのヤニ、など。

窓掃除の方法

7290-00023-2

窓掃除をする際は、晴れた日よりも曇りや雨の日の方がおすすめです。天気が悪い日は湿度が高いため、汚れが浮きやすいというメリットがあります。窓掃除には最適でしょう。

逆に、晴れの日は空気が乾燥しているためすぐに窓が乾き、拭き跡が残りやすくなってしまいます。

肝心の窓掃除の方法ですが、外側の汚れは基本的に水洗いで落ちるものばかりです。絞った濡れ雑巾で拭けば、たいていの汚れは落とすことができるでしょう。

問題は内側の汚れです。油汚れや手垢などは、水だけではなかなか落ちません。

しかし、窓の内側の汚れも、ご家庭にあるもので簡単に掃除することができます。

新聞紙で窓掃除

新聞紙のインクに含まれる成分は、油汚れや皮脂汚れを分解する作用があるといわれています。そのため、窓内側の汚れに特に効果を発揮します。さらに、ガラスに光沢を与えることもできるため、仕上げに使用するのも効果的です。

新聞紙で窓掃除をする場合は、新聞紙をくしゃくしゃに丸めてボールを作り、水で少し湿らせて窓を磨きましょう。少し磨いたら、今度は乾いた新聞紙のボールで水気を拭き取ります。この2つの手順を繰り返すだけです。

掃除のポイントは、濡らしたらすかさず拭き取ることです。濡れたまま放置してしまうと汚れが中途半端に残ったまま乾いてしまうため、せっかくの掃除が無駄になってしまいます。少しずつ確実に仕上げていきましょう。

ラップと洗剤で窓をパック

ラップを使用した窓掃除の前に、窓の下枠の部分に新聞紙や雑巾を敷きましょう。窓から垂れてくる水や洗剤が床に染みこむのを防ぐためです。

まず、雑巾に染み込ませた水と洗剤を窓にまんべんなく塗り、ラップでガラスをパックします。10分から15分ほど置いた後、ラップを外して水拭きと乾拭きをして完了です。

ガラスにパックをすることで汚れが浮き上がるため、余分な力を入れることなく汚れを拭き取ることができるでしょう。

汚れがひどい場合は…

7290-00023-3

窓の外側内側問わずあまりにも汚れがひどい場合は、念入りに掃除しなければなりません。

窓掃除の基本は、洗い・すすぎ・脱水と、洗濯の基本と一緒です。

まず水で濡らした雑巾に、窓用のクリーナーを吹き付けます。ポイントは窓に直接洗剤をかけないことです。直接かけてしまうとムラができ、きれいに磨けない場合があるためです。

まんべんなく窓を拭いた後は、間を置かずに水で濡らして絞った雑巾で洗剤を拭き取ります。最後に乾いた雑巾で水気を拭き取れば完了です。最後の乾拭きの際は、上から下に水気を落とすようにしましょう。

おわりに

家にあるものを利用した簡単窓掃除。簡単にきれいになるのであれば、普段のお掃除でもチャレンジしやすいですよね。

しかし、忙しいために普段のお掃除にかける時間が限られている方も少なくないと思います。

おそうじ応援隊!では、窓掃除やサッシの掃除も承っているため、仕事や家事に追われて掃除の時間が取れないという方はぜひご相談ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!