便器やトイレの床・壁・タンクをきれいに保とう!トイレの上手な掃除方法

家の掃除の中でも、トイレ掃除は苦手という方もいるのではないでしょうか。トイレは毎日必ず使用する場所であるため、汚れるペースも速いものです。

また、トイレの汚れはこびりつきやすいため、ひどく汚れた後では掃除の際に大変な思いをすることに。便器だけでなく、床・壁・タンクも一緒に、汚れがこびりつく前にきれいにすることが大切です。

そこで今回は、トイレの上手な掃除方法についてご紹介します。

便器の汚れの種類

トイレ掃除を効率良く行うためには、汚れの種類を知ることが大切です。

便器の汚れには大きく分けて3種類あります。

尿石

尿に含まれている炭酸カルシウムが固まったものです。便器内に尿石がこびりついている場合、かなり頑固な汚れとなるため簡単には取り除けません。

黄ばみ

尿石が色素沈着を起こすことによってできる汚れです。アンモニア臭の元になります。アルカリ性の汚れのため、酸性の洗剤などで中和させると効率良く除去できるでしょう。

黒ずみ

便器にできる黒ずみの原因のほとんどがカビです。トイレは湿気も多く、カビの生えやすい環境。カビは根を張るため、1度発生すれば再度発生する可能性が高い厄介者です。こまめに掃除をしましょう。

便器の掃除方法

7290-00018-2

便器掃除は、特別な洗剤を使用しなくとも、重曹とクエン酸水できれいにすることができます。クエン酸水は、水100mlに対して市販のクエン酸小さじ半分程度を混ぜ、スプレーボトルに入れるだけで簡単に作ることが可能です。

さまざまな汚れを落とすことができるクエン酸水ですが、特にトイレ掃除の際には絶大な効果を発揮します。尿によるアルカリ性の汚れに対し、クエン酸は酸性のためです。

便器の中でも一番汚れが溜まりやすい場所が、便器のフチの内側です。見えにくい場所ですが、ここを放置すると他の場所にも汚れが広がってしまいます。

便器を掃除する際は、まずフチの内側にクエン酸水を吹きかけ、歯ブラシなどでこすりましょう。便器内全体の汚れが気になる場合は、重曹を全体にふりかけ、その上からクエン酸水を吹きかけます。重曹とクエン酸が混ざると発泡するため、その状態のまま1時間程度放置しましょう。重曹とクエン酸の発泡作用で汚れをしっかりと浮かせた後に水を流せば、汚れがある程度落ちてきれいになっているはずです。

トイレの床・壁の掃除方法

7290-00018-3

トイレの壁と床には、想像以上にホコリや髪の毛などの汚れが溜まっています。

掃除の基本は上からです。まずは壁から手を付けましょう。

壁には主にホコリが付着しているため、乾いた雑巾などを使ってホコリを下に落とします。下に落ちたホコリや髪の毛などを、掃除機できれいに吸い取りましょう。

床に飛び散った尿汚れは目に見えないこともあるため、掃除機の後はクエン酸水を含ませた雑巾で拭き掃除をしてください。最後は、エタノールなどの除菌剤を吹きかけて仕上げをしましょう。

タンクって掃除するの?

トイレ掃除の際にタンクまで掃除する方は少ないのではないでしょうか。1度もふたを開けたことがない方もいるかもしれませんね。

実は、タンクの中は黒ずみ汚れの温床です。手を突っ込んで掃除するにはなかなか勇気がいる場所ですが、簡単に掃除できる方法があります。

その方法とは、1カップ程度の重曹をトイレタンクに入れて浸け置き、洗い流すだけ。これだけで終了です。簡単な方法のため、手を汚すこともありません。また、汚れを落とすだけでなくタンクや便器に汚れが付きにくくなるという予防効果も期待できます。

おわりに

どのような汚れでも、放置すれば取り除きにくくなってしまいます。こまめに掃除をして汚れをこびりつかせないことを習慣づけましょう。

忙しくてなかなかトイレ掃除まで手が回らない、という方は、ハウスクリーニングを利用してみてはいかがでしょうか。おそうじ応援隊!でもハウスクリーニングのご依頼を承っています。ぜひご相談ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!