排水溝のぬめりはアルミホイルで予防できるの?ぬめりの原因と防止方法

台所や浴室の排水溝は毎日使っているだけに汚れやすく、とても気になるものです。台所は食べ物を扱う場所ですし、浴室は体をきれいにする場所。それだけに排水溝はいつも清潔にしておきたい箇所の1つですよね。

そこで今回は、排水溝の汚れやぬめりの原因、そしてぬめりの防止方法をご紹介します。

ぬめりの原因は?

7290-00015-2

普段気を付けていても発生してしまうことのある排水溝のぬめり。いったい何が原因で発生するのでしょうか?

台所や浴室は、細菌やカビが好む水分が豊富。食べ物や、剥がれ落ちた人の皮膚などをエサにして繁殖した細菌、カビなどの微生物や、その排泄物が固まったものがぬめりだといわれています。

重曹とクエン酸で排水溝の掃除

汚れてしまった排水溝の簡単な掃除方法をご紹介します。

掃除の前に重曹クエン酸(またはお酢)お湯を用意してください。そして、重曹1カップ(200㏄)をまんべんなく排水溝にふりかけます。

ふりかけた重曹の上から、クエン酸1/2カップ(100㏄)を少しずつかけてください。そうすると発泡してブクブクと泡が出てきます。クエン酸をかけ終わって泡が出てきたら約30分放置し、最後にお湯をかけて流しましょう。

重曹はアルカリ性のため、脂汚れを落としやすいという性質を持っています。クエン酸は逆に酸性のため、排水溝に付着した水垢や石けんカスを落とすのに役立つでしょう。また、重曹とクエン酸はどちらも消臭効果が期待できるというメリットを持っています。

アルミホイルを使ったぬめり防止方法

7290-00015-3

ぬめりを予防する1番の方法は、細菌を繁殖させないようにすることです。

細菌を繁殖させないためには、まめに掃除をし、使い終わった後は水分を残さないように拭き取り乾燥させることが大切です。理想としては、定期的に漂白剤やアルコールなどで除菌を行うと良いでしょう。

しかし、使用する度に排水溝を乾燥させるのはあまり現実的ではありません。そこでおすすめしたいぬめり防止方法が、アルミホイルを使った方法です。

アルミホイルをピンポン玉くらいの大きさに丸めたものを3~4個用意し、排水溝のトラップカゴに入れておくだけという手軽な方法です。アルミホイルは使用済みのものでかまいません。アルミホイルを丸める際は、あまり力任せにぎゅうぎゅうに丸めずふんわりと丸めることがポイントです。たったこれだけで排水溝のぬめりを防止できます。

アルミホイルがぬめりに効く理由

アルミホイルは水に触れることで金属イオンを発生させます。ぬめりの原因となる細菌はこの金属イオンが嫌いだといわれています。アルミホイルの金属イオンが細菌の繁殖を防いでくれるのです。

アルミホイルが水に触れる面積が大きいほどたくさんの金属イオンが発生します。ぎゅうぎゅうに丸めてしまうのではなく、ふんわりと丸めることがポイントなのはそのような理由があるためです。

金属イオンは細菌の繁殖を防ぐだけではなく、消臭にも役立つといわれています。アルミホイルを使って、ぬめり予防ついでに気になる排水溝の臭いも抑えましょう。

おわりに

生ゴミが溜まる台所の排水溝、そして石けんカスや髪の毛、皮脂汚れが溜まる浴室の排水溝。どちらも掃除するとなると憂うつになってしまいますよね。少し掃除を怠るとすぐにぬめりは出てきます。ぬめりに汚れが重なれば、次第に掃除しにくい状況になってしまうでしょう。そうならないように、アルミホイルを使って日頃から排水溝にぬめり予防を施し、排水溝掃除を楽に済ませましょう

おそうじ応援隊!では、キッチンや浴室掃除も承っています。排水溝だけではなく、換気扇などのしつこい汚れにも悩んでいるという方はぜひご相談ください。

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!