押入れのカビが気になる方必見!押入れのカビ対策方法と整理、収納術

押入れは湿気がこもりやすいため、カビが発生しやすい場所です。収納していた布団や衣類がカビ臭くなってしまったとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そろそろ大掃除のことも気になるこの時期。年末に慌てなくても済むように、押入れのカビ対策方法と整理、収納術を知っておきましょう。

カビ対策には掃除と換気

押入れには布団や衣類がぎっしり、という方も多いのではないでしょうか。押入れやクローゼットなどの収納スペースは、空気の流れが少なく湿度が高いため、カビが生じやすい環境です。とくに、外壁に面している場合は結露も生じやすくなります。

また、風通しの悪い場所にはダニもいます。押入れに布団や衣類をしまいこんでいる場合、カビだけではなくダニも付着している可能性を疑いましょう。カビやダニをそのままにしておくと、健康被害を起こす可能性もあります。小さなお子さんや年配の方はカビやダニの影響を比較的受けやすく、喘息や湿疹の原因になることもあるため、定期的に掃除と換気を行いましょう。

押入れ掃除をする際は、まず掃除機をかけて拭き掃除を行い、カビ対策として押入れにすのこを敷き、その上に布団を収納しましょう。通気性が上がり、カビが増えにくくなります。また、ふすまを外出時に少し開けておいたり、天気の良い日には大きく開けたりするだけでも換気の効果があるためおすすめです。

また、皆さんは朝起きてからすぐに布団を収納してはいませんか?

寝ている間に人は多量の汗をかいています。起きた直後の布団は汗で湿った状態になっているため、十分に乾かしてから収納することをおすすめします。さらに、布団周りに湿気取り用品を使うことでより湿気を抑えると効果的です。

押入れにカビを発生させないためには、十分な換気をして通気性を良くすること、湿気がたまらないように除湿を心掛けることが大切です。

押入れの整理

7290-00009-2

押入れにカビが発生する大きな原因の1つが、「ものを詰めすぎていること」です。

不要になったものをずっとしまいこんでいませんか?収納物がたまりすぎると空気の循環が滞り、結果的に湿度が高くなってしまいます。有効なスペースを確保するため、またカビを防ぐためにも、押入れにある不要なものを整理してください。

押入れを整理する際は、押入れの中のものをすべて取り出し、何が入っているのか確認し、必要がないと思うものは処分していきましょう。

「もったいない」「いつか使うかもしれない」と思っていても、1年以上使用していない、もしくは取り出してすらいないものなどは、潔く捨ててしまうのも大切です。

収納スペースを有効に、そして快適に使用するためには、まず不要なものを処分することが最優先です。

押入れ収納のコツ

7290-00009-3

押入れに収納するものを厳選したら、それらをグループ分けして収納しましょう。

衣類なら春夏もの、秋冬もの、その他使用頻度が高いもの低いもの、重さなどで分類していきます。

押入れの上段は使用頻度が高く、湿気を避けたいもの。下段は重いものや大きいもの、湿気を気にしなくても良いものを収納しましょう。押入れの各スペースの特徴に合わせ、どこに何を収納するかも考えると効率的です。

現在、押入れ収納に役立つ収納グッズがさまざまなところで売られています。必ず押入れのサイズを測り、無駄のない収納ができる収納グッズをそろえましょう。どこに何が入っているのかひと目でわかるものが使いやすいですね。

また、お客様用や季節外れで普段使用しない布団類は圧縮袋などを使い、スペースを有効に使えるようにすることも大切です。

おわりに

普段は押入れをあまり開かない方も多いかもしれません。しかし、長い間掃除も整理もせずにいると、空気の入れ替えが行われず、カビの温床になってしまいます。

定期的に掃除して換気を行い、また不要なものを整理することで押入れに十分なスペースを確保しましょう。

おそうじ応援隊では、お掃除や収納、整理整頓に関する便利な情報を掲載しています。他のコラムもどうぞご参照ください。

 

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!