レンジフード(換気扇)掃除は自分でできる?掃除方法を知っておこう

皆さんは、レンジフードをご自分でお掃除したことがありますか?

換気扇は調理の際に毎日使うものです。そのため、どうしても汚れが付着しやすい箇所でもあります。油汚れがホコリと合わさった手強い汚れに、頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、諦めるのはもう少し待ってください。今回は、自分でできるレンジフードの掃除方法をご紹介します。

レンジフードを自分で掃除してみよう

7290-00005-2

皮膜のような頑固な汚れになってしまう前であれば、家にあるものを使って汚れを落とすことができます。
レンジフードはベタベタの油汚れに加え、高いところにあるため、掃除もつい億劫になりがち。しかし、放置してしまうと汚れはさらに手強いものへと進化してしまいます。頻繁に掃除をすることが難しいからこそ、しっかりと汚れを落とすようにしましょう。

レンジフードの種類

家庭用のレンジフードは、主に深型と薄型、浅型の3タイプに分けることができ、それぞれフィルターと整流板を使用しています。
この整流板をつけると吸い込む力が強くなるため、換気扇内に汚れが広がりにくくなります。また、フィルターと違いフラットな金属板のため、掃除がしやすいのもメリットです。

フィルターは換気扇の種類によって部品や取り外し方も異なるため、掃除をする前に調べておきましょう。

代表的なレンジフードを紹介します。

【深型(ブーツ型)】

換気扇の前面にフィルターがついている、一番スタンダードなタイプです。
ファンタイプ:シロッコファン、プロペラファン

【薄型(スリム型)】

最近主流になりつつあるのがスリムタイプです。フィルターの代わりに整流板がついており、内部も凹凸のないフラットな構造になっているため、汚れがつきにくく、掃除もしやすい点が特徴です。
ファンタイプ:シロッコファン

【浅型(フラット型)

天井が低い、また梁などがあって取り付け位置の高さが確保できない場合に選択されるレンジフードが浅型です。フィルターまたは整流板がついています。
ファンタイプ:シロッコファン、ターボファン

レンジフードの掃除方法

7290-00005-3

換気扇やフィルターなど、外せる部品は全て外して洗ってしまいましょう。細かなネジ類はまとめてケースに入れるなどして、なくさないように気をつけてください。

レンジフードの油汚れには、重曹を使用することをおすすめします。外した部品は重曹を溶かしたお湯に浸けておきましょう。その際、シンクに大きなゴミ袋を入れ、その中に溜めたお湯に浸けるようにすると、シンクも汚れず後始末が楽になります。

シンク一杯の熱湯に対して、重曹の量はおたまに山盛り一杯ほどを溶かし、その中に部品を1~2時間浸けておきます。重曹の代わりに酸素系漂白剤でも良いでしょう。

重曹は弱アルカリ性のため、肌が弱い方は念のためゴム手袋をして直接触れないようにしてください。また、アルミ製品は黒ずむことがあるため、浸け置きは避けましょう。

重曹と水を2:1で混ぜ合わせた重曹ペーストをレンジフードに塗り、スポンジや使い古しの歯ブラシで磨きましょう。
きれいになった部品はしっかりと乾かしてから取り付けましょう。

おわりに

今回はレンジフードの掃除方法をご紹介しました。

年末の大掃除に手をつけたいものの、師走の忙しい時期にレンジフードまで掃除している時間的な余裕がないという方もいるでしょう。そうした理由でレンジフード掃除ができずに困っている方は、ぜひおそうじ応援隊!のハウスクリーニングサービスをご活用ください。フィルターだけでなく換気扇内部の頑固な汚れまで徹底洗浄いたします

場所別コラム

  • エアコンのおそうじ
  • キッチンのおそうじ
  • ハウスクリーニング
  • 暮らしのTips
通話料無料!携帯電話からもOK 0120-53-7976 受付時間…9:00~21:00 年中無休 土日祝も対応します!